アオのハコ2話ネタバレ最新話!あらすじと3話の予想!

Pocket

アオのハコ2話のネタバレ最新話、あらすじと3話の予想を記事にします。

週刊少年ジャンプで新連載となった三浦糀先生のアオのハコ。

高校入学前の中学3年生バドミントン部の猪股大喜(主人公)が毎朝一番にあいたい憧れの先輩、高校1年生のバスケット部の先輩である鹿野千夏との部活青春ラブコメディです。

第1話では憧れの千夏先輩との同居生活が始まるという、漫画らしいと言えばらしいですが、大喜からすると思いがけない展開になりました。

読み切りの時の体育館でだけ会える関係とは違い、家でも会えるようになった大喜。

様々な展開が予想されるなか、2話はどんな展開になるのでしょうか。

それではアオのハコ2話のネタバレ最新話、あらすじと3話の予想です。

 

アオのハコ2話ネタバレ最新話!あらすじ「インターハイ行ってください」

週刊少年ジャンプ2021年4月19日(20号)のアオのハコの扉絵は、「朝練行こ!」とチャージ系のゼリーをくわえる千夏先輩です。

めっちゃ可愛いので、ぜひジャンプ購読をお勧めします。

 

猪股家に来た千夏先輩と大喜の気持ち

「今日からお世話になります、鹿野千夏です」とあいさつする先輩。

猪股家はみな歓迎ムード

父はうちが華やかになってよかったなあという雰囲気だが、主人公の大喜としては「そんなレベルの話じゃない!!」

千夏先輩の制服ではなく私服が見られるだけで大変なことなのに、自分の家にいて、母親としゃべって、ごはんまでたべてる!!!

こんなの耐えられるのか?

これが先輩の卒業まで約2年も続くんだぞ・・・・

この前まで名前を覚えてもらって2回戦進出だっとか喜んでたのに、一つ屋根の下ってオリンピック出場レベルだぞ!?

なんて一人部屋で考えていたら・・・コンコンっ(ノックの音)

 

千夏先輩「大喜くん、お風呂どうぞ」(お風呂上り)

大喜『部屋着!!』『しかも風呂上がりでいつもより色香が・・・・』

大喜「これ読んだら行きます」(ジャンプを読みながら)

千夏先輩「もしかしてそれ今週のジャンプ?」(接近)

(千夏の髪が大喜の頬に触れる)

大喜『ちょ・・・・近っ・・・・!』

大喜「よかったら貸しますよ!」(千夏先輩がジャンプを受け取り、離れてほっとする)

(大喜が千夏先輩を見ると・・・・・千夏先輩は大喜を笑顔で見つめている・・・・)

千夏先輩「いいの?」(ニコニコ)

大喜「ナンスカ」(照)

千夏先輩「人と暮らすのは緊張するし親同士は親友でも私は数回会っただけ。だから朝練で見かけてた大喜くんがいてくれて、こうしてジャンプ貸してくれて、安心した」(笑顔)

大喜『安心?俺も一応男なんだけど・・・先輩は俺と済むことなんとも思ってないんだろうか・・・(罪悪感)』『だとしたら俺ばっかバカみたいじゃん』

 

インターハイへ行く大喜の決意

(匡と練習をする大喜)

大喜「うおおおおおおおおおおおおお!」(全力スマッシュ)

匡「なんでそんな元気なんだよ。落ち込んでる流れじゃないのか」

大喜「嬉しいもんは嬉しいし」

匡「浮かれんのもわかるけど、同居のこと、周りにバレないようにしろよ」

大喜「へ?」

匡「へ?じゃなくて見ろよ。」

(周囲が千夏先輩を好んで見ている)

匡「言ったろ?千夏先輩人気なんだって。あの人たちにばれたら・・・」

(男子部員全員にいじめ&しごかれる自分を想像する大喜)

 

匡「にしてもラッキーだよな。親の都合とはいえ好きな人と一緒に暮らすなんて。案外本当に付き合ったり」

大喜「ムリだよ。千夏先輩は一人で日本に残ったんだ。そんな覚悟目の当たりにして「俺と恋愛してください」なんてもう言えないよ。だから思ったんだよね。俺もこの夏インターハイ行こうって

匡「はあ?」

大喜「やっぱりそのくらじゃないと先輩と釣り合わないなって」

匡「お前・・・・1年でインターハイ行くなんて歴史を見ても数人だぞ。正直今のお前の実力じゃ」

大喜「そうかもしれないけど。目指すのは自由だろ」(嬉しそうな笑顔)

匡「(溜息)」

大喜「ってことでもうひと勝負!!」

匡「休息も練習のうち」

大喜「えー」

 

(先輩と先週を始める大喜)

 

蝶野雛「あれ?今度は違う人と打ってる。さっきからずっと打ってなかった?」

匡「あいつ目標決めたら一直線だからな」

雛「目標?」

匡「今年のインターハイ行くんだと」

雛「っていけそうなの?」

匡「・・・・」

雛「あはっ、ほんと無茶が好きだねぇ、あやつは。中一の時もさぁ」

匡『・・・またしかに、結局自分に素直なやつが強いよな・・・・何事も』

(真剣に練習する大喜)

 

大喜の決意と千夏先輩のミサンガ

(家で夜必死に筋トレをする大喜)

大喜『しんど・・・・けどもっと頑張んないと』

(スマホで撮影した自分のプレーを振り返る大尉)

大喜『こんなプレーでインターハイなんて夢のまた夢だぞ俺ええええぇぇぇぇぇx!!』

(筋トレをしながらスマホを見る大喜を見つけて唖然とする千夏先輩)

千夏先輩「・・・・・・」

大喜『千夏先輩!!!』

千夏先輩「何見てたの?」

大喜「別に大したもんじゃ!・・・自分のプレーを撮ってもらったので確認をーーー」

千夏先輩「見たい!」(興味津々)

大喜「え!嫌ですよ!恥ずかしい」

千夏先輩「いいじゃん。いつも体育館で見てるし」(優しい笑顔)

大喜『見てるの俺だけかと思ってた・・・(照)そーいわれちゃあ』

(♪~~とスマホを見始める千夏先輩)

 

千夏先輩「すごいよね。こんなに速い羽根に反応して、コートの中飛び回って」

大喜「いや、まだまだ遅いですよ(真剣な表情)もっと早く一歩目が出ないとショットの正確性も落ちるし、追いつくだけじゃなく余裕もって打てるようにならないと」

(真剣に話す大喜に少し驚くような、意外そうな顔をしながら大喜を見つめる千夏先輩)

大喜「これじゃインターハイなんて・・・・はっ」

千夏先輩「インターハイ?」

大喜「あ、いや、今のは!」『少しでも結果がでるまで先輩には言うつもりなかったのに』

千夏先輩「言ったね?」(ニヤリ)

大喜「えっ」

千夏先輩「IH行くって言った」

大喜「別にそうはーー」

千夏先輩「え、じゃあ行かないの?私にはあんな風に言っておいて?」

大喜「行きます、行きますよ」『あーもう、なんで先輩の前だとこうも恰好つかないんだ』

千夏先輩「ちょっと待ってて」

大喜「?」

(急に部屋を出て戻ってくる千夏先輩)

 

千夏先輩「これ、よかったら」

大喜「ミサンガ?」

千夏先輩「日本に残るって決めた時に作ったの。願掛けというか決意を形にしておこうと思って。もし趣味じゃないとか」

大喜「いただきます!!」『先輩からのプレゼント!!しかも手作りっ!一生大切にしなければ』(右足首にしっかりつけようとする大喜)

千夏先輩「それじゃ血止まっちゃうよ」

(そっと大喜の右足首にミサンガをつけてあげる千夏先輩とそれを見つめる大喜)

 

千夏先輩「大喜くんもインターハイ行ってください・・・・・できた。ほら・・・お揃い」

(自分の右足を大喜の右足の横に出して、同じミサンガをつけているのを見せる千夏先輩)

千夏先輩「大切にしちゃダメだよ・・・・おやすみ」

(部屋を出ていく千夏先輩)

大喜「おやすみなさい・・・」『頑張ろうこれが切れるくらい・・・・・って思うけど』

 

大喜「ゔあ”っ!!」(赤面してうつむく大喜)

大喜『こんなんますます好きになるじゃん』

(右足首のミサンガを見つめる大喜)

大喜『雑念はいる度付近30回しよ・・・・』

(腹筋を始める大喜)

 

アオのハコ2話の感想

甘酸っぱいわあああああ~~~~~~~~~!!!

何これ!!??

今までのジャンプに無かった感じの青春もの!!

黒子のバスケのような熱い展開のある能力スポーツものでもなく、かといって毎回エロ要素が入るようなラブコメでもなく。

こういうの欲しかったあ!というのが正直な感想

そして、大喜くんの純情さがまたいいですね。

そりゃあ憧れの先輩と一つ屋根の下になったら、色々想像しちゃうよ。

それ以上に、千夏先輩に「安心する」と言われて期待するのではなく、罪悪感にさいなまれるところが清純な男子といったところです。

また、体育館でバスケをしている先輩をみて、可愛いではなく格好いいととらえているところも、大喜くんの感じかたなんでしょう。

普通の恋愛ものなら「可愛い、付き合いたい」という感情が出てくると思いますが、真剣な先輩をみて「格好いい」ですから、千夏先輩のことを単純に尊敬しているところも強いのだと思います。

 

千夏先輩の気持ち

大喜くんはもちろん千夏先輩のことを意識していますが、恐らく千夏先輩も大喜くんのことを意識しているのではないでしょうか。

そうでなければ、同じ体育館とはいえ、そこまで他の人の部活風景を見るでしょうか?

しかもまだ高校生になっていない中学3年生の後輩の男の子ですよ?

親の海外転勤についてこずに日本でバスケをすることを選んだ女子が、そんな別部活の後輩男子を見ているとは普通思えません。

それも、千夏先輩は「いつも体育館で見てるし」と言っています。

「いつも」ということは、同居以前から見ていることを意味しますので、やはり以前から意識していたのでは・・・・・と思ってしまいますね。

読み切りの様に千夏先輩とはすぐに付き合い始めるのでしょう・・・・・・?

 

アオのハコ3話の予想

2話で出てきた展開から3話に出てくる展開を勝手に予想してみます。

 

バスケ部の先輩がライバルとして登場

読み切りでも登場したバスケ部の先輩である部長がライバルとして登場し、千夏先輩と接近している瞬間を見てしまう。

それを見てどうしようもないと思いながら一層バドミントンに打ち込む大喜。

でも気になって家で千夏先輩にどういう関係か聞こうとするも聞けず、微妙な空気になる2人。

こんな展開が出てくるのではないかと予想しています。

 

まとめ

アオのハコ2話ネタバレ最新話のあらすじと3話の予想の記事でした。

今後も体育館というアオのハコの中で、そして同居する家の中で2人の関係はどうなっていくのか期待して待ちましょう。

次回3話のネタバレ予想記事も書かせてもらいながら、3話を楽しみに待とうと思います。

今週もがんばってくださいね~三浦糀先生~~~

4月の季節の変わり目で風邪ひかないでくださいね~~~

皆さんも体調にはお気をつけて。

ではまた次回

タイトルとURLをコピーしました