アオのハコ3話ネタバレ予想考察最新話!バスケ部の先輩?

Pocket

アオのハコ3話のネタバレ予想考察最新話ですが男子バスケ部の部長登場するのか?という勝手な想像をお届けします。

青春部活ラブコメの中でも今のところ清純派をまっすぐ行ってくれているアオのハコですが、読み切りの時からこの話が好きだったので、勝手にネタバレ予想考察をすることにしました。

何の根拠もないですが、次回最新話が出るまでを楽しく予想する記事だと思ってご覧ください。

アオのハコの3話ネタバレ予想考察では、男子バスケ部の部長が登場するのでは?と思っています。

千夏先輩はどんな反応をするのか?

それを見た大喜はどうするのか?

勝手な想像を大いに楽しんで参りましょう。

 

アオのハコ3話ネタバレ予想考察最新話!

1話、2話ではヒロインの千夏先輩と超急接近していく形になりました。

読者全員がミサンガのくだりを読んで、「あああ~~高校の頃こういうのあったああ~~~!!」「そういうの俺もやりたかったああ!!」と叫んだことでしょう(笑)

しかし、この2話で近づいた分、3話では一度先輩との距離がつかめなくなる展開が出てくると思います。

まずは2話の内容を振り返りましょう。

この記事で3話の予想をより楽しみたい方は、2話の詳細をもう一度確認するために、こちらのページをご覧ください。

アオのハコ2話ネタバレ最新話!あらすじと3話の予想!

 

2話のまとめ

2話の内容はざくっとまとめるとこうです。

猪股家に来た千夏先輩と大喜の気持ち

千夏先輩は勝手の知らない人の家に居候することに緊張していたが、毎日朝練で見かけていた大喜がいて、普通にジャンプを貸してくれて「安心した」

反対に大喜は嬉しさと戸惑いがある中で、色々な妄想をしてしまっていたことに「安心した」と言われ、先輩に対して罪悪感と、男として意識されていないことにへこんでしまう

 

インターハイへ行く大喜の決意

親と離れて一人で日本に残ることを決意した千夏先輩の姿勢から、自分もインターハイを目指すことを決意した大喜。

友人の匡からは「1年でインターハイに行くなんて」と言われるが「目指すのは自由だろ」と真っすぐに返す。

雛からも「ほんと無茶が好きだねぇ」と言われつつ、真剣に練習に打ち込む。

 

大喜の決意と千夏先輩のミサンガ

家でふいに千夏先輩と会話することになり、インターハイを目指していると口を滑らせる大喜。

千夏先輩はそれを聞いて願掛けに作ったお揃いのミサンガを大喜の右足首につけてあげる。

『こんなんますます好きになるじゃん』と思いながら筋トレを続ける大喜。

 

2話の感想と伏線

本当に甘酸っぱすぎでだめだよほんと。

はやく3話読みたいわあああ~~~!!!

というのは置いといて。

この右足首につけたミサンガは、必ずどこかの時点でばれますね。

練習中は上の絵の様にハーフパンツなので足首は必ず出ます。

靴下の中に入れる等ができればそうはならないかもしれませんが、どうでしょうねえ?

3話ですぐに周囲にばれるとは思えないですが、いずればれるでしょう。

 

3話の展開予想

大喜が1話で「結婚したい」と言うほど、好きであこがれている先輩と、1話2話では超急接近することになりました。

そのため、3話では千夏先輩との距離感がつかめなくなる話が出てくると思います。

それは、男子バスケ部部長の登場によって起きると勝手に予想しています。

男子バスケ部の部長は、アオのハコの読み切りで登場しています。

読み切りではこの男子バスケ部部長が千夏先輩に告白して振られるという展開がありました。

3話では、部長が出てきて千夏先輩を「千夏」と呼び捨てているところを見てしまった大喜が、「誰だこいつ?」となる。

千夏先輩はそんな部長に対して普通に対応するため、大喜は『え?呼び捨ては公認?どういう関係?』と悶々としてしまう。

また、家に帰ってもなかなか千夏先輩にこの男子バスケ部部長のことをどう思っているかは聞けないというシーンが出てくると思われます。

大喜は『千夏先輩はバスケ一本のはず』と思いつつ、『バスケ部同士ならお似合いだし支えあって行けるんじゃあ』とか素直に考えちゃうんでしょうね。

 

まとめ

アオのハコ3話のネタバレ予想考察最新話では男子バスケ部の部長が登場するのでは?という勝手な想像をお届けしました。

大喜と千夏先輩の2人だけで進行していくとは思えないので、そろそろ大喜のライバルに当たる人物が出てくるんじゃないかなと思っています。

それが3話で、今後の展開に広がりが出てくるのではないでしょうか。

さあアオのハコ3話が待ち遠しくなってきましたね。

それではアオのハコ3話が見られる月曜日まで期待して待ちましょう。

タイトルとURLをコピーしました