アオのハコ3話ネタバレ最新話!あらすじと4話の予想!

アオのハコ3話ネタバレ最新話!あらすじと4話の予想!週刊少年ジャンプ
Pocket

アオのハコ3話のネタバレ最新話、あらすじと4話の予想記事です。

おはようございます。

週刊少年ジャンプで連載されいている三浦糀先生のアオのハコは今週で3話になりました。

先輩との同居生活がスタートしつつ、思ったより男子高校生の妄想が進んだりせずに、爽やかに部活と私生活と千夏先輩との関係がが描かれているアオのハコに少し驚いています。

ジャンプと言えば「起」「承」「転」「結」がはっきりしていて、毎回「起」「承」「転」「結」でもう一回「転」がきて、「次回めちゃくちゃ気になる~!!」となる作品が多いですが、三浦糀先生のアオのハコはしっかりと心理描写をしながら丁寧に書かれていますね。

あくまで爽やかに。

私としては、「アオのハコ3話ネタバレ予想考察最新話!バスケ部の先輩?と予想していたのですが、3話は実際どんな展開になったのでしょうか。

アオのハコ3話のネタバレ最新話、あらすじと4話の予想記事をご覧ください!

 

アオのハコ3話ネタバレ最新話!「他人のフリ」

週刊少年ジャンプ2021年4月26日(21号)のアオのハコの扉絵は「先輩、おでこ、朝支度。」と歯磨きをくわえながら、パジャマがはだけた千夏先輩が、前髪をセットしています。

アットホームな抜け感のある千夏先輩ですね。

皆さんにはぜひジャンプ定期購読をお勧めします♪

 

朝の幸せな一幕

ある春休みの朝。

自宅から朝早くに部活へ出かけようとする大喜。

千夏先輩「あれ?もう行くの?春休みなのに早いね」

大喜「下っ端なんで準備とかあって」

大喜『少しでも練習したいし・・・』

千夏先輩「いってらっしゃい」(見送る優しい笑顔)

大喜「いっ」「てき」「ます」

大喜『なんか・・・・夫婦みたいだな(照)』

 

他人のフリ

―――――――学校の体育館―――――――

雛「何してんの?」

大喜「雑念と戦ってんだよ」(必死に腹筋する大喜)

大喜『インハイ予選も近づいてるんだ。気を引き締めないと』

雛「雑念?・・・さてはあの女バスの先輩となんかあったな?

大喜「ガッ!」(腹筋中の大喜が膝に自分の顔をぶつける音)「あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”」

 

雛「あたった?何かあったの?」

大喜「別に」

雛「スマホのロック番号特定した?」

大喜「ストーカーか!」

(雛が大喜を追いかけながら問いただす)

大喜『マズイ―――雛に同居のことバレたら面倒なことになる―――!!なんとか隠し通さないと―――・・・・』

 

千夏先輩「あ」(体育館の玄関でばったり大喜と会う千夏先輩)

千夏先輩「家に財布忘れ」

大喜「わっーーーーーーーーーーーーーーーー!!」(千夏先輩の言葉を遮るような大声)

大喜「どっかに落としたと思ったんダ!拾ってくれてありがとうございマス!!」

千夏先輩「え」

大喜『たのむ・・・話を合わせて・・・』

千夏先輩「・・・・」「どういたしまして(ニッコリ)」(真意の読めない笑顔)

(すっと大喜の横を通り過ぎる千夏先輩)

大喜『あ・・・今の俺感じ悪かった・・・?』

雛『会話できるなんて成長したな(ホロリ)』

大喜『こいつ・・・』

 

―――――――――昼休憩――――――――

匡「お前ホントそういう所下手だな。”同居のこと秘密にしたい”って先に話しとけよ」

大喜「それどころじゃなくて。やっぱマズイ・・・?」

匡「マズイっていうかそんな急に避けられたら。隠したいってことは「私と同居するの嫌なのかな」とか、最悪「私と関わりたくないのかな」って思われてもおかしくないかもな」

(絶句してご飯を取りこぼす大喜)

大喜『むしろ逆なのに・・・!!ねぼけまなこの先輩を見れる特権』

(朝とろんとした目でごはんを食べている先輩を想像)

匡「ピピッ」(それ今反則)

(雑念を振り払うために腹筋をする大喜)

 

教員「そこの君たち―――」

大喜&匡「何ですか?」

教員「コレ運ぶの手伝ってくれ。来週の入学式で使うからさ」(パイプ椅子を指さす)

大喜&匡「俺らも新入生なんですけど」

教員「そうかおめでとう」

匡『聞いちゃいねえ』

教員「あ、君たちも―――」

千夏先輩&雛「え」

教員「頼んだぞ運動部」

匡「俺パス」「ガシ!」(大喜が冷や汗をかきながら匡を引き留める音)

 

すれ違う大喜と千夏先輩

――――――椅子を並べる4人――――――

雛「メンドー」

大喜『早いとこ説明しないと「先輩と関わるのがイヤだ」なんて、勘違いされたくないし』

千夏先輩「よいしょ」

大喜「あの俺もう一つ持ちます」

千夏先輩「ありがとう」(そっぽを向く)

大喜『思ったより怒ってらっしゃる!?』(絶望の表情)

千夏先輩「さっ行こう」

大喜『いやきっと空気読んで他人のフリしてくれてるんだ。まさかあれで嫌われるなんてことは―――』

雛「・・・」(大喜を見ながら)

雛『まかせな!』(サムズアップ)

大喜『面白がってるだろ!!』

 

雛「あの!千夏先輩ですよね」

千夏先輩「うん」

雛「私蝶野と申します。1つ質問してもいいですか」

千夏先輩「うん?」

「先輩って彼氏とかいるんですか?」

千夏先輩「?・・いないよ」(なんでいきなり?という表情)

大喜『バカーーーーーーーーー!!』

大喜「あいつなんであんなナゾの度胸あんの?初対面の先輩に聞く質問か?」

匡「ほら新体操部だから・・・」

大喜「そーゆーこと!?」

雛「欲しいとは思わないんですか?一緒に帰ったり、遊びに行ったり」

大喜「仏説魔訶般若・・・」(先輩と過ごしている妄想を抑える大喜)

千夏先輩「今は部活で精一杯だから」

大喜(ハッとした表情)

雛(え?聞いちゃだめなやつだった?と大喜と千夏先輩を見比べながらおろおろする)

大喜『自分でぶっこんどいて気まずそうにすんな!それにそう言われることくらいわかってたし・・・』

 

教員B「お、部活組か。偉いな春休みまで」

大喜「――――の休憩にパシられたんですけど」

教員B「そういえば猪股、井口監督が褒めてたぞ」「最近羽に重みが出てきたって」

大喜「本当ですか!」

教員B「おう、高校でも戦える身体になってきたって。次のインハイ予選のメンバー入りも期待できるって言ってたぞ」

大喜「!」

大喜『聞いてましたかせんぱ――――――』

(何も聞かずに体育館に戻ろうとする千夏先輩)

大喜『戻るの早っ!!』

大喜(残念そうな顔)

 

雛「ねぇあの二人ホントに何かあった?めちゃくちゃ嫌われてない?」

匡『お前が言うんか・・・』「俺は思ったよりお似合いかもしれないって思ったけど」

雛「え?」

 

――――――――練習再開――――――――

大喜(真剣な表情でスマッシュを決める大喜)

先輩A「気合入ってんな」

先輩B「高校入学近いからな」

大喜『なんか一周回ってムカついてきたな。ムシしなくてもいいじゃん・・・。俺だって本当はオープンに、なんなら自慢して回りたいのに』

千夏先輩(ドンっ)(練習中に尻もちをつく千夏先輩)

先輩C「大丈夫?」

千夏先輩「うん」

匡「心配そうだな。でも話しかけられないような。関わりない他人だし」

大喜「意地悪い・・・」

 

千夏先輩の勘違いと雛の驚き

――――――体育館の水道で水筒を洗う千夏先輩――――――――

大喜「大丈夫ですか」

千夏先輩「え?」

大喜「さっき転んでたから」

千夏先輩「大丈夫だけど・・・・・知らない人のフリするんじゃなかったの?」

大喜「すみませんでした。いきなりあんな態度とって。やっぱり同居してるって恥ずかしいのもあるし、先輩は思ってる以上に影響力あるから。周りにバレたらあることないこと騒がれて、部活どころじゃなくなると思って。それで――――――」

千夏先輩「え・・・理由ってそれ?」

大喜「それ以外に何が―――?」

千夏先輩「なんだ私てっきり、あの新体操部の子のこと好きだからかと思った

大喜(呆然)「はい!?」

千夏先輩「だってあの子の前で他人のフリしだしたし」

大喜「あれはっ、たまたまっ」

千夏先輩「「彼氏いるの?」って聞かれたのも探り入れられてるのかなとか。彼女も大喜君が好きで・・・。好きな人に同居のこと隠したいのはわかるから、怪しまれないように大喜君と距離置こうと思って。最悪納屋で寝るとか」

大喜「・・・・」

千夏先輩「激安物件検索してみたり・・・」

大喜『じゃあ今までのは俺と雛に気を遣って・・・?やべぇ、可愛すぎる』

大喜「先輩バカでしょ」(照れ笑いしながら)

千夏先輩「なっ・・ぬぅ」(驚き膨れる)

大喜「はははは」

千夏先輩「笑いすぎ(コツ)」(照れながら肘で大喜を小突く)

大喜「いやだって・・・」(照れ笑い)

千夏先輩「もう知らん」

大喜「すいません」

雛(慣れた雰囲気で話すふたりを見つけて驚きの表情)

 

アオのハコ3話感想

いやあ~~~~良いなあ~~~~爽やかに恋愛しているなあ~~~。

ホント部活の体育館の中でよくここまで人の気持ちを表せるなあ、凄いな三浦糀先生!!

素直にそう思います。

今回は大喜と千夏先輩が【同居していること】をどう扱うかという話がメインでしたね。

その中でお互いに考えることがすれ違ってしまいましたが、お互いに相手のことを思っての行動でした。

それが分かってお互いに気恥ずかしながら勘違いに気付く。

最後は千夏先輩が恥ずかしがりながら大喜を肘で小突くシーンもあり、二人でいることにこなれてきている雰囲気がありましたね。

はた目から見たら「もう付き合ってんじゃね?」と言えるような雰囲気です。

それを見てしまった雛はどんな風に感じたのでしょうか。

 

アオのハコ3話で考えられる伏線

  • 大喜と千夏先輩との関係を見た雛が、「実は大喜を好き」という気持ちに気付くのでは?
  • 現在は入学式前の春休み中
  • 大喜、匡、雛の入学式が近い
  • 大喜がインターハイ予選メンバーに選ばれる可能性がある
  • 毎話同居ならではの恋人っぽいシーンがある?
  • 千夏先輩は大喜との間に不安があると練習中にコケる等、練習に集中できなくなる?

読んでいく中で何となく感じられたのはこんな感じですかね?

私の想像ですので間違っている場合はご容赦ください(笑)

 

アオのハコ4話のネタバレ予想考察

今までのジャンプのラブコメ展開を考えると、3話あたりで恋敵が出てきて一波乱があり、主人公がドタバタするのですが、アオのハコはマンガのコメディ感よりも、よりリアルな展開をしますね。

そのためアオのハコ3話も、あり得そうな話の中で、主人公の大喜が右往左往する様や、ヒロインの千夏先輩が素直に大喜を心配するシーンがありました。

いきなり主人公とヒロインが同居することになったので、家の中で進む展開が多いのかと思っていました。

しかし、部活青春ラブストーリーとされているためか、本当に体育館の中でこんなに話作れる?と思うぐらい体育館の中での話がメインになっています。

次回4話はどのような話になるのか、来週の月曜日を待ちながら楽しく予想してみましょう。

 

アオのハコ4話のネタバレ予想~入学式~

4話目にしてやっと入学式を迎え、制服に袖を通す大喜。

そんな制服姿を見た千夏先輩が大喜に「似合ってるね」と言われてちょっと赤面する大喜が見れそうです。

基本的には朝練がある大喜と千夏先輩ですが、一緒に朝の登校をしたりすることもあるんでしょうかね?

 

アオのハコ4話のネタバレ予想~雛の思い~

大喜と千夏先輩の関係が気になる雛は、まだ自分の気持ちには気付かないですが、大喜に千夏先輩との関係をしつこく聞いたりしそうです。

その内、朝大喜の家から千夏先輩が出てきたり、大喜と千夏先輩が一緒に登下校している瞬間を見て、同居がばれたりするかもしれません。

雛は幼馴染キャラっぽいので、大喜の家は知っているでしょうから、その辺りは怪しいですね。

 

まとめ

アオのハコ3話のネタバレ最新話のあらすじとアオのハコ4話のネタバレ予想について記事にしてみました。

いやあ~3話もやっぱり良かったですねえ。

ジャンプのラブコメに疲れていた人には本当に清涼感のある読みやすい青春ものという感じがします。

何より毎回大喜がしっかりバドミントンを頑張ってくれているのがものすんごく嬉しいです。

そして何より千夏先輩が可愛いですね。

舞台の元になった川越東高等学校の方々も毎週楽しんで読まれながら、「俺たち男子校にもそんな青春をくれ~」と仰っていそうですけどもね。

参照(アオのハコ舞台の場所は川越東高校?何県何市のどんな高校?

ではではアオのハコ4話もどうなるのか想像しながら、来週の週刊少年ジャンプを待ちましょう!!

三浦糀先生ーー待ってますよーーーーー

タイトルとURLをコピーしました