紅白歌合戦2021年で舞台の花のアレンジは誰?値段や他展示会の実績も紹介!

紅白歌合戦2022年で舞台の花のアレンジは誰?値段や他展示会の実績も紹介!エンタメニュース
Pocket

紅白歌合戦2021年で舞台の花のアレンジは誰?値段や他展示会の実績も紹介!

2021年の紅白歌合戦のイメージはカラフルだそうですが、舞台にセットされた花がとても美しいくて、デザイナーは誰?と話題ですね。

いつもの舞踏館よりも狭いステージではありますが、テンポよく進む紅白歌合戦ですが、様々なステージを使って飽きさせない工夫を凝らしていますね。

その中の一つにカラフルで素晴らしい演出装置として花が機能していると思います。

その花は誰がアレンジして装置として作り上げたのでしょうか?

そして値段や他の展示会の実績はどんなものなのかもご紹介したいと思います。

それでは、紅白歌合戦2022年で舞台の花のアレンジは誰?値段や他展示会の実績も紹介します!

 

紅白歌合戦2021年で舞台の花のアレンジは誰?

2022年の紅白歌合戦のイメージはカラフルですので、舞台のセットにもとても色とりどりの花が設置されていますね。

このアレンジを行ったのはフラワーアーティストの東信さんです。

 

紅白歌合戦2021年で舞台の花のアレンジは誰?東信のプロフィール

フラワーアーティスト。
2002年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。2005年より、こうした花屋としての活動に加え、花・植物による表現の可能性を探求し、彫刻作品ともいえる造形表現を始める。ニューヨークでの個展を皮切りに、ヨーロッパやアメリカを中心に先鋭的な作品を数多く発表するほか、2009年より実験的植物集団「東信、花樹研究所(AMKK)」を立ち上げ、世界各地の美術館やアートギャラリー、パブリックスペースなどで作品発表を重ねる。近年では人と花の接点を模索するプロジェクトも精力的に展開。独自の視点から植物の美を追求し続けている。

引用元:第72回紅白歌合戦(https://www.nhk.or.jp/kouhaku/topics/topics_211226-2.html)

東信さんは花の専門家であり芸術作品を作り上げるアーティストとして評価を得ている芸術家です。

そして花をどうやればどう映るのか?美術作品とできるのかを研究している研究者でもあります。

彼の作品はまた下の記事でご紹介します。

 

紅白歌合戦2021年で舞台の花のアレンジは誰?ツイッター上の反応

 

紅白歌合戦2021年で舞台の花のアレンジで値段や他展示会の実績も紹介!

東信の作品は本当に芸術作品として評価の高いものばかりです。

ここではその様々な作品を紹介したいと思います。

 

紅白歌合戦2021年で舞台の花のアレンジで値段や他展示会の実績も紹介!①

青色を起点にした芸術作品ですね。

もはや絵画のようにも見えるものです。

 

紅白歌合戦2021年で舞台の花のアレンジで値段や他展示会の実績も紹介!②

華々しさとかわいらしさがあるピンク色の花束ですね。

こちらもとても美しいです。

 

紅白歌合戦2021年で舞台の花のアレンジで値段や他展示会の実績も紹介!③

芸術性の塊のような赤の花束ですね。

ギラギラとした赤ではなく、紅色のように見えるのが目にも良いですね。

 

紅白歌合戦2021年で舞台の花のアレンジで値段や他展示会の実績も紹介!④

一瞬で咲き誇り枯れ落ちる生命を感じさせる作品ですね。

花の映像としても美しですが、何か物語を感じる作品です。

 

まとめ

紅白歌合戦2021年で舞台の花のアレンジは誰?値段や他展示会の実績も紹介!

2021年の紅白歌合戦の花のセットは東信さんが担当でした。

それにしても本当に鮮やかな花々ですね。

色々なアーティストが出てきますが、その衣装すべてにマッチしているように感じますね。

流石はプロのフラワーアレンジメントですね。

紅白歌合戦2021年で舞台の花のアレンジは誰?値段や他展示会の実績も紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました