気象庁で会見のマスクのメーカーはどこ?変な透明マスクの着用理由も紹介!

気象庁で会見のマスクのメーカーはどこ?変な透明マスクの着用理由も紹介!エンタメニュース
Pocket

気象庁で会見のマスクのメーカーはどこ?変な透明マスクの着用理由も紹介!

熊本地震で震度5強が観測される大きな地震が発生しました。

その時に気象庁の方が会見を開いて説明をしていましたが、また違和感がある、口が見える変な透明なマスクを着用していました。

前々から気になっていましたが、このマスクは一体なんなのでしょうか?

なぜこのマスクを導入することになったのでしょうか?

そして一体メーカーはどこなのでしょうか?

気になったので調べてみました!

気象庁で会見のマスクのメーカーはどこ?変な透明マスクの着用理由も紹介します!

 

気象庁で会見のマスクのメーカーはどこ?

このマスクのメーカーはユニ・チャームですね。

マスクの名前は【顔が見えマスク】というそうです。

名前としてはそのまんまだななという気がしますね。

このマスクは一体どういうものなんでしょうか?

 

気象庁で会見のマスクのメーカーはどこ?値段や詳細は?

ユニ・チャームの顔が見えマスクは定価1480円と若干高めです。

ただし、洗って再利用ができるため、1回使い捨ての高級マスクよりはかなりコスパは高いように思います。

 

 

気象庁で会見の変な透明マスクの着用理由も紹介!

 

まとめ

気象庁で会見のマスクのメーカーはどこ?変な透明マスクの着用理由も紹介!

気象庁で会見のマスクのメーカーはどこ?変な透明マスクの着用理由も紹介!

タイトルとURLをコピーしました