命に嫌われているで歌詞の意味を考察!由来やまふまふの過去との関係も紹介!

命に嫌われているで歌詞の意味を考察!由来やまふまふの過去との関係も紹介!エンタメニュース
Pocket

命に嫌われているで歌詞の意味を考察!由来やまふまふの過去との関係も紹介!

歌い手のまふまふが命に嫌われているというインパクトのある曲を紅白歌合戦で熱唱し、歌をフルで聴きたい!と話題になりましたね♪

作詞作曲はボカロPのカンザキイオリで、いじめや引きこもり社会とのズレ等、様々な要因から自分の命について絶望してしまっている人の気持ちに立った歌詞になっています。

最初はなんて暗い歌詞だ、紅白歌合戦にふさわしくないと思った方もいるのかもしれません。

しかし、それでも生きていきたいと、自分の命と向き合うような歌詞が反響を呼んでいるのも確かです。

この曲が紅白歌合戦で歌われるということが社会的にとても意義があるように感じますね。

この歌詞の意味や由来はどういったものがあるのか?

そして、この曲に感情を込めて歌いこなしてくれたまふまふ。

彼の過去と命に嫌われているの関係はどういったものがあるのか?

命に嫌われているで歌詞の意味を考察!由来やまふまふの過去との関係も紹介します!

 

命に嫌われているで歌詞の意味を考察!

それでは、命に嫌われているの歌詞の意味を考察していきたいと思います!

まずは歌詞全文を見てみましょう。

 

命に嫌われているで歌詞の意味を考察!歌詞全文

「死にたいなんて言うなよ。諦めないで生きろよ。」

そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな

実際自分は死んでもよくて

周りが死んだら悲しくて

「それが嫌だから」っていうエゴなんです

他人が生きてもどうでもよくて

誰かを嫌うこともファッションで

それでも「平和に生きよう」

なんて素敵なことでしょう

画面の先では誰かが死んで

それを嘆いて誰かが歌って

それに感化された少年がナイフをもって走った

 

僕らは命に嫌われている

価値観もエゴも押し付けていつも誰かを殺したい歌を

簡単に電波で流した

僕らは命に嫌われている

軽々しく死にたいだとか

軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている

 

お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する

生きる意味なんて見い出せず

無駄を自覚して息をする

「寂しい」なんて言葉でこの傷が表せていいものか

そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る

少年だった僕達はいつか青年に変わっていく

年老いていつか枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく

不死身な身体を手に入れて、一生死なずに生きていく

そんなSFを妄想してる

自分が死んでもどうでもよくて

それでも周りに生きて欲しくて

矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう

「正しいものは正しくいなさい。」

「死にたくないなら生きていなさい。」

悲しくなるならそれでもいいならずっと一人で笑えよ

 

僕らは命に嫌われている

幸福の意味すらわからず、生まれた環境ばかり憎んで

簡単に過去ばかり呪う

僕らは命に嫌われている

さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない

僕らは命に嫌われている

 

幸福も別れも愛情も友情も

滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物

明日死んでしまうかもしれない

すべて無駄になるかもしれない

朝も夜も春も秋も

変わらず誰かがどこかで死ぬ

夢も明日も何もいらない

君が生きていたならそれでいい

そうだ

本当は

そういうことが歌いたい

 

命に嫌われている

結局いつかは死んでいく

君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちていく

それでも僕らは必死に生きて

命を必死に抱えて生きて

殺して あがいて 笑って 抱えて

生きて、生きて、生きて、

生きて、生きろ

引用元:youtube 命に嫌われている。/まふまふ【歌ってみた】(https://www.youtube.com/watch?v=eq8r1ZTma08)

これが命に嫌われているの歌詞全文です。

非常にメッセージ性の強い歌詞ですね

それではパートごとの意味を考察していきましょう。

 

命に嫌われているで歌詞の意味を考察!Aメロ1

「死にたいなんて言うなよ。諦めないで生きろよ。」

そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな

実際自分は死んでもよくて

周りが死んだら悲しくて

「それが嫌だから」っていうエゴなんです

引用元:youtube 命に嫌われている。/まふまふ【歌ってみた】(https://www.youtube.com/watch?v=eq8r1ZTma08)

Aメロ1は曲の冒頭ですのでグッと気持ちが入りやすいものになっていますね。

確かに明るい歌とかキラキラした曲って多いよね

実際に世の中にある曲は9割以上が明るいものばかりです。

それはなぜか?今までは辛い現実から離れるために歌を歌う、曲を聴く人が多いからだと思います。

でも、そういった歌が多いことはそれが正義だと言うことではありません。

あくまで数が多いだけです。

そんな歌がただしいなんて馬鹿げた話でしょ?

それだけじゃあないでしょ?

自分が死んだって良いという気持ちだって本物でしょう?

行動に起こすかどうかは別にして、そう思った自分の気持ち自体は否定してはいけないものだと思います。

 

命に嫌われているで歌詞の意味を考察!Bメロ1

他人が生きてもどうでもよくて

誰かを嫌うこともファッションで

それでも「平和に生きよう」

なんて素敵なことでしょう

画面の先では誰かが死んで

それを嘆いて誰かが歌って

それに感化された少年がナイフをもって走った

引用元:youtube 命に嫌われている。/まふまふ【歌ってみた】(https://www.youtube.com/watch?v=eq8r1ZTma08)

自分の心が弱っている時に見える世界を歌っているようにも見えます。

誰かが生きていることや、人を否定する嫌いという感情、そんなことを言いながらも「平和」なんて語って、誰かが亡くなったことを歌うものに感化された少年が人を襲う。

綺麗ごとばかり言って、嫌いと言う自分の感情にすら嘘をつく人や、他人に翻弄される人ばかりであることを皮肉っています。

確かに、自分がどうしようもない人間だと思っている時に見えるものは、悲しい人の連鎖であったかもしれません。

 

命に嫌われているで歌詞の意味を考察!サビ1

僕らは命に嫌われている

価値観もエゴも押し付けて

いつも誰かを殺したい歌を

簡単に電波で流した

僕らは命に嫌われている

軽々しく死にたいだとか

軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている

引用元:youtube 命に嫌われている。/まふまふ【歌ってみた】(https://www.youtube.com/watch?v=eq8r1ZTma08)

命に嫌われている=生きている実感がない=命を大切に出来ない、ということかなと思っています。

自分のむき出しの憎しみや、人を否定する言葉をSNSでつぶやく、歌にして流す。

そんなことをする自分は、自分の命を大切にできない、と思ってしまう。

前を向きたいという思いはあるのに、「どうせ自分は」「あいつのせいで」など、人や自分に軽くナイフを刺すように自分を否定してしまう。

そんな感覚を思い出してしまいます。

でも、感じなくても良い辛さをわざわざ感じる自分の精神構造とは一体なんでしょうか?

 

命に嫌われているで歌詞の意味を考察!Aメロ2

お金がないので今日も一日中惰眠を謳歌する

生きる意味なんて見い出せず

無駄を自覚して息をする

「寂しい」なんて言葉でこの傷が表せていいものか

そんな意地ばかり抱え今日も一人ベッドに眠る

年老いていつか枯れ葉のように誰にも知られず朽ちていく

不死身な身体を手に入れて、一生死なずに生きていく

そんなSFを妄想してる

引用元:youtube 命に嫌われている。/まふまふ【歌ってみた】(https://www.youtube.com/watch?v=eq8r1ZTma08)

お金がないとか、俺はまだやらないだけとか、そんなことをする意味がわからないとか、勉強してもどうせとか、ブラック企業で仕事するなんて負け組とか。

いろいろな言い訳をする自分。

「俺も転生したい」とか「ゲームの世界に行けたら」なんて妄想ばかりして、自分は何をやっているんだと感じてしまう。

でも、私の気持ちを理解できる人なんていやしない

もっと私の悩みは大きいんだと意地になってしまう自分を歌っています。

 

命に嫌われているで歌詞の意味を考察!Bメロ2

自分が死んでもどうでもよくて

それでも周りに生きて欲しくて

矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう

「正しいものは正しくいなさい。」

「死にたくないなら生きていなさい。」

悲しくなるならそれでもいいならずっと一人で笑えよ

引用元:youtube 命に嫌われている。/まふまふ【歌ってみた】(https://www.youtube.com/watch?v=eq8r1ZTma08)

自分のことなんてどうでもいいと言いつつ、大事な友達や恋人にだけは生きていて欲しい。

矛盾したことを言って、いつもの親や上司に、正しすぎて間違っている正論を叩きつけられる。

本心から正論の通りで良いと思っているなら、孤独であっても笑って見せろよ。

本音の本音はそうじゃないでしょう?

そんなメッセージのように思います。

 

命に嫌われているで歌詞の意味を考察!サビ2

僕らは命に嫌われている

幸福の意味すらわからず

生まれた環境ばかり憎んで

簡単に過去ばかり呪う

僕らは命に嫌われている

さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない

僕らは命に嫌われている

引用元:youtube 命に嫌われている。/まふまふ【歌ってみた】(https://www.youtube.com/watch?v=eq8r1ZTma08)

自分は才能がないとか、金持ちの家じゃないとか、いい学校に行ってないとか、今まで努力をしなかったとか。

今までの環境や過去のせいにして、自分を亡くしてしまう本当の意味を知らない

そんな自分は、本当に生きると言うことを理解できていない

そのことを強く歌っているように思います。

 

命に嫌われているで歌詞の意味を考察!メロ3

幸福も別れも愛情も友情も

滑稽な夢の戯れで全部カネで買える代物

明日死んでしまうかもしれない

すべて無駄になるかもしれない

朝も夜も春も秋も

変わらず誰かがどこかで死ぬ

夢も明日も何もいらない

君が生きていたならそれでいい

そうだ

本当は

そういうことが歌いたい

引用元:youtube 命に嫌われている。/まふまふ【歌ってみた】(https://www.youtube.com/watch?v=eq8r1ZTma08)

幸福とか友情とか感情の宿らない綺麗な言葉なんてどうでもいい。

見知らぬ誰かはどこかで亡くなってしまう。

仕方がないことや、他人の戯言、それらしい綺麗ごとじゃなくて。

大切な人や、大事な自分自身がしっかりと生きたい。

そういうことが歌いたいんだと気づく瞬間を歌っています。

 

命に嫌われているで歌詞の意味を考察!サビ3

命に嫌われている

結局いつかは死んでいく

君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちていく

それでも僕らは必死に生きて

命を必死に抱えて生きて

殺して あがいて 笑って 抱えて

生きて、生きて、生きて、

生きて、生きろ

引用元:youtube 命に嫌われている。/まふまふ【歌ってみた】(https://www.youtube.com/watch?v=eq8r1ZTma08)

どうしたって人は亡くなってしまう。

その中でどうやってあがいて、どう笑って生きていくのか?

ただ生きたい、生きるんだという強いメッセージを歌っています。

最後まで亡くなることを歌っていたのに、最後の最後で生きたいという言葉を連続して力強く歌くうことで、激しい本心からのメッセージ性を感じます。

 

命に嫌われているの由来やまふまふの過去との関係も紹介!

まふまふには悲しい過去があります。

本人は何も言っていませんが、「命に嫌われている」を歌う中でその時の感情を使っているようにも感じます。

まふまふの過去と曲のリンクする部分を見ていきましょう。

 

命に嫌われているの由来やまふまふの過去との関係も紹介!まふまふの過去

まふまふは大学生の頃にいじめや暴力を受けた過去があると公表しています。

歌い手として活動を始めた頃のまふまふは顔出しの上で大学の特定までされてしまいました。

それによって自宅を特定され、玄関から引きずり出されて暴行されたこともあります。

そんな状況を救ったのが、同じ歌い手のそらるでした。

そらるは、まふまふに暴力を振るった人物たちに話をつけ、警察と協力して相手を監視するとして押さえ込みました。

生きづらさを感じていたまふまふは、余計に社会的な閉塞感を感じるようになりました。

 

命に嫌われているの由来やまふまふの過去との関係も紹介!まふまふにとっての命

それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて

殺して あがいて 笑って 抱えて 生きて、生きて、生きて 生きて、生きろ

「命に嫌われている」の歌詞は最後のこの部分に集約されていると思っています。

この部分を歌っている時のまふまふの心情を私は想像することしかできません。

ただ、感情を載せて人に届けようとしているまふまふの声は、心を動かす力を持っています。

そこに込められた思いは「ただ、生きたい」という強烈なメッセージであるように私は感じます。

 

まとめ

命に嫌われているで歌詞の意味を考察!由来やまふまふの過去との関係も紹介しました。

まふまふは元はニコニコ動画を中心としたボカロPの歌い手でした。

元々人気があったまふまふでしたが、この命に嫌われているを歌ったことで歌い手の中でも一躍有名になりましたね。

命に嫌われているは、今まで前向きな曲ばかりだったところを、悲しい曲があっても良いじゃないかとうアンチテーゼのような形で打ち出されたように思います。

この曲で救われた人、下を向かないで済んだ人、前を向けるようになった人、絶望の底から戻ってきた人。

私自身もその一人ですが、本当に色々な人がこの曲に許されたと思います。

一見奇抜にも聞こえる曲構成と歌詞ですが、最後の「生きて」「生きろ」に全ての気持ちが集約されていると私は感じています。

この曲が紅白歌合戦という旧来の日本の文化の中心的な舞台で歌われたことは、何か一つのターニングポイントのように感じます。

もっと多様な、こんな生き方でも、こういう歌でも良いんだという肯定のメッセージが、色々な人に届けば良いなと思います。

命に嫌われているで歌詞の意味を考察!由来やまふまふの過去との関係の紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました