珠世は生まれ変わりが愈史郎と結婚の約束?最期の死亡の理由や過去の無惨の関係は?

珠世の過去の無惨の関係は?鬼滅の刃
Pocket

珠世は生まれ変わりが愈史郎と結婚の約束?最期の死亡の理由や過去の無惨の関係は?

鬼滅の刃の特別編第2弾の浅草編では珠世さんが登場しましたね。

珠世さんは鬼にして鬼舞辻無惨を倒そうとするはぐれ鬼であり、最後の最後まで活躍する超重要人物です。

そんな珠世さんがなぜ鬼になったのか?そして最後はどうなってしまうのか?

鬼舞辻無惨を倒そうとする理由や愈史郎との関係が凄く気になりますよね?

そこで、珠世は生まれ変わりが愈史郎と結婚の約束?最期の死亡の理由や過去の鬼舞辻無惨の関係を紹介します

※ネタバレがありますのでご注意ください。

 

珠世は生まれ変わりが愈史郎と結婚の約束?

愈史郎は珠世のことが本当に大好きです。

何と言うか憧れに近いものがあるのですが、それが故に愈史郎は珠世に対して直接思いを告げることはできません。

そのため愈史郎は珠世に対して、鬼舞辻無惨を倒して全てが終わった後に、「生まれ変わったら夫婦になってほしい」と告げ、それに対して珠世は微笑みながら頷きました。(ファンブック弐より)

それは愈史郎が言える最大限の思いだったのです。

 

珠世は生まれ変わりが愈史郎と結婚の約束?なぜ珠世と愈史郎は現世で結ばれないの?

それは、珠世が本当に自身の家族のことを愛していたからです。

珠世は自分が望まない形で鬼になり、愛する家族を食べてしまったことをずっと悔やんでいます。

そのため、珠世が鬼舞辻無惨に言い渡した最後の言葉は「私の夫と子供を返せ」でした。

この悔いを晴らすため、愛する家族を食べてしまった原因である鬼舞辻無惨を倒すために「現世」を生きています。

だからこそ、珠世は愈史郎の気持ちには気付いていますが、鬼舞辻無惨を倒すためだけに使っている命がある「現世」では結ばれることはできません

それに気づいていた愈史郎が言えた言葉もまた「来世」に対してでした。

鬼舞辻無惨を倒しすべてが終わった後に、生まれ変わったなら全ての呪縛から解き放たれているため、愈史郎と夫婦になってもいいと約束をしたのです。

 

\鬼滅の刃の知られざる真実!/

楽天ブックスなら今だけ無料配送!!

 

珠世は生まれ変わりが愈史郎と結婚の約束?残された愈史郎の思い

珠世は「現世」では死亡してしまいました

鬼舞辻無惨を倒すために執念を持って生きてきた珠世。

それをずっと見続けてきた愈史郎は、珠世の簪を握りしめながら「珠世様、終わりましたよ・・・・」と泣きながらつぶやきます。

愈史郎は珠世と共に生きたかった、でも珠世は鬼舞辻無惨に直接手を下すことで思いを遂げました。

珠世を愛しているが故に、珠世の目的が達成されて嬉しいが、それ故に一緒に生きられないという複雑で切ない感情の中で涙を流します。

 

珠世は生まれ変わりが愈史郎と結婚の約束?愈史郎のその後は

鬼舞辻無惨との最終決戦では情報伝達や、鬼舞辻無惨を無限城からたたき出すなど、裏方で大活躍をした愈史郎。

皆の生まれ変わりが現代を過ごす中、愈史郎は鬼として生き続けていました。

そんな愈史郎は、「たまよ」という美しい女性を描き続ける画家となっています。

とても切ないラストのように見えますが、私の個人的見解としては少し違います。

 

珠世は生まれ変わりが愈史郎と結婚の約束?珠世の生まれ変わりを待つ愈史郎

私は愈史郎は現代で「たまよ」という女性の絵を書きながら、珠世の生まれ変わりを待っているのだと思います。

なぜなら、珠世と「生まれ変わったら夫婦になってほしい」という約束をしたからです。

鬼滅の刃の最終巻では、鬼の生まれ変わりは描かれていません。

地獄に堕ちているからなのか、生まれ変わりが遅いのかは分かりません。

しかし、鬼だから生まれ変わりは無いのでしょうか?

地獄とは罪を償えば解放される場所のはずです。

だからこそ、それを信じて愈史郎は珠世の生まれ変わりを待っているのです。

自分の愛する人と結ばれるために。

私も珠世と愈史郎が結ばれることを願っています。

 

珠世の最期の死亡の理由は?

鬼舞辻無惨が鬼殺隊の頂点である産屋敷の親方様に直接手を下しに来ます。

その際に親方様は鬼舞辻無惨を巻き込んで爆死しますが、その一瞬のスキをついて毒を注入することに成功します!

しかし、珠世はそのまま鬼舞辻無惨に手をかけられてしまいます。

 

珠世の最期の死亡の理由は?鬼舞辻無惨に注入した毒の効力

珠世は鬼舞辻無惨を倒すために、蟲柱の胡蝶しのぶと共同で作成した「鬼を人に戻すための薬」の他に4つの効能を持った毒を注入します。

鬼舞辻無惨を倒すためだけに作った、最高の毒によって鬼舞辻無惨の体は何千年分の時を経過させて劣化していきます。

この毒の凄まじい効力と、鬼殺隊の本当の全総力戦によって鬼舞辻無惨を倒すことができるのです。

珠世は死して尚執念によって、鬼舞辻無惨を追い詰めていくという超重要人物なのです。

 

珠世の過去の無惨の関係は?

珠世は過去に鬼舞辻無惨に鬼にされてしまいます。

その後、医療技術に長けているためか鬼舞辻無惨は珠世を傍に置いています。

恐らく太陽を克服するための研究をさせていたのではないでしょうか。

しかし、珠世は鬼舞辻無惨から逃れてはぐれ者となり、独自に対抗するための研究を開始します。

 

珠世の過去の無惨の関係は?なぜ鬼になったのか?

珠世は鬼になる前に病に臥せっていました。

恐らくこのまま命が尽きてしまうと思い、子供の成長を見届けるためにも何とか命をつなぎたい一心でした。

そこに現れた鬼舞辻無惨に「生きたい」と望んだ結果、鬼となり成長を見守りたかった子供や、愛する夫を食べてしまいます

それによって珠世は鬼舞辻無惨に対して狂おしいほどの怨みを抱きます。

それから珠世は200年間ずっと鬼舞辻無惨を倒すために医術でのアプローチを検討していきます。

悲しいことではありますが、この怨念とも言える思いが、鬼舞辻無惨を倒すための大きな力になっていたのです。

 

まとめ

珠世は生まれ変わりが愈史郎と結婚の約束?最期の死亡の理由や過去の鬼舞辻無惨の関係を紹介しました。

珠世は本当に鬼の中でも切ない過去を持ち、そして最後まで活躍する超重要人物です。

彼女がいたからこそ鬼舞辻無惨を倒すことができたとも言えるでしょう。

鬼舞辻無惨との最後の戦いでは、亡くなってしまっていると言うのに、何度も登場して毒の力を振るいます。

それによって炭治郎達鬼殺隊が何度助けられたことか。

鬼滅の刃の最後まで皆さんにはしっかり見ていただきたいと思います。

そして、その珠世を最後まで支えた愈史郎の切ない思いも皆さんの心の中にあれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました