宇随天元の嫁で須磨がバイは本当?ファンブックのエピソードや結婚の馴れ初めを紹介!

宇随天元の嫁で須磨がバイは本当?ファンブックのエピソードや結婚の馴れ初めを紹介!鬼滅の刃
Pocket

宇随天元の嫁で須磨がバイは本当?ファンブックのエピソードや結婚の馴れ初めを紹介!

鬼滅の刃でついに放送される宇随天元の嫁3人の中で、泣き虫で可愛いと人気の須磨。

彼女が実は男性も女性も好きなバイであることがファンブックで語られています。

だからどうしたのという感じですが、物珍しさからファンの中で噂になっているようですね。

今では百合という風にジャンル分けされていますが、そもそも女性が女性を好きになる理由は、昔からたくさんありました。

なので珍しいことでもないのですが、宇随天元の嫁3人というところにまた注目が集まっているようですね。

それでは宇随天元の嫁で須磨がどのように宇随天元の嫁になったのか?

その馴れ初めを合わせて紹介しましょう!

では、宇随天元の嫁で須磨がバイは本当?ファンブックのエピソードや結婚の馴れ初めを紹介します!

 

宇随天元の嫁で須磨がバイは本当?

宇随天元の嫁である須磨が女性と男性どちらも好きなバイセクシャルという設定は本当です。

ただ、そこまで深く作られた設定という訳ではなく、須磨の場合はただ「女の子のことも好き!」っていうぐらいで考えたらいいと思います。

元々、天然な須磨ですが、彼女は宇随天元のことが好きすぎて、嫁候補であった妹を差し置いて、自分が結婚したいと駄々をこねて嫁入りしています。

それぐらい猪突猛進というか、自分の心に素直な女性であることが分かります。

そんな感情向きだしの須磨ですから、「可愛い女の子が好き」という感覚なのではないでしょうか?

 

宇随天元の嫁で須磨がバイは本当?須磨は禰豆子が好き?

須磨(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ | RENOTE [リノート]

引用元:鬼滅の刃 漫画最終巻

最終巻で鬼舞辻無惨を倒して、炭治郎の療養の見舞いに来た宇随天元一家が訪ねてきたシーンです。

須磨は禰豆子に抱き着いてますね。

こんな風に須磨は可愛い女の子が好きという感じに見えますね。

 

宇随天元の嫁で須磨がバイは本当?昔のバイセクシャルとは?

過去の日本におけるバイセクシャルはあり、いわゆる春画では1%程は女性同士のものがあったり、男性同士のものは3%程度あったそうです。

まあ、やっぱり武士や坊主の世界での男性同士の話が多いようですが、奥の院等での女性同士の話もあったようです。

 

宇随天元の嫁で須磨がバイは本当?百合文化の発祥は?

主に百合文化の発祥は明治頃と言われています。

それはなぜかと言うと、貴族のよう部類のお嬢様たちが通学するお嬢様学校と言うものがありました。

「ごきげんよう」とご挨拶をするあの学校のことです。

そこに通学する目的は、花嫁修業が主なものです。

しかし、大体は花嫁修業が終わったら見知らぬ男性と結婚させられることが多くありました。

それが嫌で、男性的な女性に憧れて女性同士が疑似的な恋をすることが増え、百合文化と言われるようになったと言われています。

そういった女性が男性とも恋をすればバイセクシャルという扱いになるります。

須磨ももしかしたらそういった環境にあったのかもしれませんね。

 

宇随天元の嫁で須磨のファンブックのエピソードや結婚の馴れ初めを紹介!

須磨は宇随天元のことが大好きです。

先ほども書いたように宇随天元のことが好きすぎて、嫁候補の妹から奪ってしまうぐらいです。

宇随天元は髪を下すと超絶イケメンになり、そして嫁が3人もいる色男であることから、上の画像のようにコスプレイヤーからも人気がありますね。

そんな宇随天元と須磨のエピソードを紹介していきましょう。

 

宇随天元の嫁で須磨のファンブックのエピソード!

鬼滅の刃の大正コソコソ噂話・小ネタ・エピソードまとめ (21/26) | RENOTE [リノート]

引用元:鬼滅の刃 ファンブック

須磨のファンブックエピソードは実はこれだけなんですよね(汗)

これを見ると須磨はとても自由奔放と言うか、感情表現がすごくストレートだという感じがしますね。

宇随天元の嫁3人の中で一番年下ということもあり、3女のような扱いなんでしょう。

他の2人は確かにお姉さんのような感じがしますよね。

 

宇随天元の嫁で須磨の結婚の馴れ初めを紹介!

宇随天元の嫁になった須磨ですが、忍びの一族として有力な宇随家では15歳になると嫁を受けることになります。

その際に当人同士の気持ちは関係ありません。

昔の日本らしく、全てが当主同士の取り決めによって 決まります。

そういう意味では宇随天元とまきをと雛鶴は好きだから結婚をしたわけではありません

しかし、その中で須磨は妹を結婚相手に指定していました。

それを、須磨自身の思いでふすまを踏み抜き、そして恐らく泣きまくって手足をドタバタさせて、何なら武器まで持ち出したりしたのではないでしょうか。

当時の当主同士の取り決めを曲げなければいけないぐらいの癇癪だったのは間違いありません。

それってかなりすごいことですよね。

 

宇随天元と須磨の出会いを想像

須磨は昔の当主同士の取り決めを曲げる癇癪を起す程天元のことが好きだったと思われます。

そんな風に思うことって中々無いですよね?

それはどんな出会いだったのでしょう?

まず、くの一は原作で語られている通り「命を張ることは最低条件」と言われています。

ということは、体を使った仕事なんて当たり前なわけです。

それは女性としてかなりつらい仕事もあるわけですよね。

そんな中で、宇随天元の命の優先順位で語られたらそりゃもう好きになっちゃいますよね。

これは恐らく、宇随天元の昔からの気持ちだったのだと思います。

忍びの一族として厳しく育てられた宇随天元ですが、兄弟同士で跡継ぎを決めるために戦わせるような文化は理解できなかったのです。

須磨はそんな宇随天元のことが大好きになったのです。

 

まとめ

宇随天元の嫁で須磨がバイは本当?ファンブックのエピソードや結婚の馴れ初めを紹介しました。

須磨は3人の嫁の中で一番地味に見えますが、自分に正直で素直な性格の女性です。

それ故にバイセクシャルというちょっと目を引くような設定になっているように思います。

ただ、やっぱり可愛い女の子が好きぐらいの感じだと思うので、そこまで特筆して言う程ではないのかなと思います。

作者としても須磨は宇随天元の嫁の中で一番地味なので、何か特徴をつけたかったのだと思いますね。

タイトルとURLをコピーしました