優里タイムマシンの歌詞を意味考察!作詞作曲の由来や男の気持ちも紹介!

優里タイムマシンの歌詞を意味考察!作詞作曲の由来や男の気持ちも紹介!エンタメニュース
Pocket

優里タイムマシンの歌詞を意味考察!作詞作曲の由来や男の気持ちも紹介!

優里とCHIMERAZが新曲再生数対決をして、BAKに優里が作詞作曲のタイムマシンを歌ってもらいました!

YOUTUBEの再生回数でどちらが上かを競う戦いですが、何よりBAKが上手くて男性側の気持ちがしっかり出ています♪

ただただ優里のタイムマシンの作詞作曲も歌声も最高に良くて何度もリピートしてしまいます。

そんな優里のタイムマシンですが、男性が変われない自分に悩み、付き合っている女性との将来を憂う歌詞になっています。

この意味がまた切なくて。

まだ結婚していない男性ならひしひしと気持ちが分かるのではないでしょうか?

そしてこの女性側のいじらしい気持ちがまた良いですね。

折角なのでこの歌詞の意味を考察し、作詞作曲の由来や男性側の気持ちを解説したいと思います。

では、優里タイムマシンの歌詞を意味考察!作詞作曲の由来や男の気持ちも紹介します。

>>対決相手:BAKの歌詞が切ない!!

 

優里タイムマシンの歌詞を意味考察!

こちらが優里が作詞作曲のタイムマシンで、歌い手はBAKです。

本当にいい曲ですよね♪

youtubeの急上昇ランキングは23位で、投稿1日目で13万回再生されています。(2022/3/9/ 19時時点)

投稿10日目で40万回再生されました。(2022/3/19 4時現在)

ではまずこの歌詞全文をふりがな付きで見ていきましょう。

 

優里タイムマシンの歌詞を意味考察!歌詞全文(ふりがな付き)

男性側の変われないという気持ち彼女を大事にしたい気持ちが伝わってきますね。

それでは優里のタイムマシンの部分ごとの歌詞の意味を考察していきます。

 

優里タイムマシンの歌詞を意味考察!Aメロ

まずは導入部分ですね。

僕の隣に君という彼女はいるのか?

「君はいなくなってしまうかもしれない」という切なさを帯びながらの導入ですね。

これをタイムマシンで確かめてみたいという少し女々しい感じがあります。

でも、大切な女性だからこそ憶病になってしまう男性の心理が見えますね。

 

優里タイムマシンの歌詞を意味考察!Bメロ

独り暮らしで20代の大学生の社会人男性にありそうな休日ですね。

本当は勉強をしたり自分を高めるべき時間のはずなのに、ダラダラと過ごしてしまう。

ワンルームで独りごはんを食べている時にふと感じる虚しさや寂しさ。

そんな時に考える彼女との未来。

将来の自分に自信は無いけれど、捨てたりなんかできない

そんな男性の気持ちですね。

 

優里タイムマシンの歌詞を意味考察!サビ1

まだ自分自身で未来を変えられるほどの自信はないけれど。

いつかは未来を変えられるようになるだろうか?

いやどんなことだって変えられるとせめて信じさせて欲しい。

自分に自信はないけれど、女性のことを思って何とかしたいとは思っている男性ですね。

何だか彼女の将来まで背負う覚悟ができていない男性の気持ちに見えますね。

こういう人は高校から付き合って8年ぐらいたっているのに「まだ遊んでいたいんだよね」とか言っちゃいそうですね。

 

優里タイムマシンの歌詞を意味考察!Bメロ2

2番からは女性側の視点です。

21時ぐらいの寝る前からLINEでやり取りをしていたんでしょうか。

恐らく既に付き合っている2人なので女性側から「結婚したい」というニュアンスが分かる告白をしたのでしょう。

もしくは長年連れ添った友達以上恋人未満の男性に「付き合いたい」というニュアンスの告白をしたのでしょうか?

イケメンでもお金もないけど自分を大事にしてくれる男性が好きな女性。

自分の気持ちを知って欲しいけど今の関係を壊したくないとも思う女性の気持ちが見えますね。

 

優里タイムマシンの歌詞を意味考察!サビ2

いじらしい女性の気持ちですね♪

物語は男性との関係で、エンドロールは結婚か分かれるかまでの道のりでしょうか。

ただその先で男性と一緒にいる自分の未来を期待しているという歌詞ですね。

 

優里タイムマシンの歌詞を意味考察!Cメロ

映画やドラマや小説のように、凄い結末や綺麗な画像でも、今そこにいる相手から伝わるぬくもりにはかなわない。

そう思えるぐらい相手の女性のことを思っている男性の気持ちをつづった歌詞ですね。

 

優里タイムマシンの歌詞を意味考察!サビ3

女性と一緒にいる未来を見たい。

そのために自分を変えたい。

怖いけれどタイムマシンに身を委ねて、自分が相手とどうなったのかを知りたい。

自信を持って相手と向き合いたい。

女性のことを自分の人生に巻き込んで良いのか?

この人で本当に良いのか?

そんな情けない不安や焦りを振り切りたい。

僕は君と一緒にいたいんだから。

という男性の弱さや不安、でも相手の女性と一緒にいたいという願いがつづられた歌詞ですね。

 

優里タイムマシンの作詞作曲の由来や男の気持ちも紹介!

優里のタイムマシンは、CHIMERAZとの新曲再生回数対決の中で作詞作曲された曲です。

この由来は恐らく優里の実体験や友人から気持ちを聞いてできた曲だと思います。

だからこそ男性の弱さや不安と期待がしっかりと表れていますね。

ではその由来から考えていきます。

 

優里タイムマシンの作詞作曲の由来!

由来はただただ優里の実体験や友人の経験からだと思います。

恐らく優里のタイムマシンは下のどちらかの状態の男性側の気持ちをメインに作詞作曲された楽曲です。

  1. 長年連れ添った友人以上恋人未満の男女
  2. 長年付き合っている結婚を意識している男女

20代前半から半ばの男性によくある気持ちです、

まさに優里が体験してきた気持ちがそのまま表れているのではないでしょうか。

 

優里タイムマシンの作詞作曲で男の気持ちも紹介!

1、2どちらでも、男性は女性の人生に対して勝手に責任を感じます

本当は男女共に努力していくものなのですが、男性はどうしても勝手に責任を感じてしまうものです。

でも今まで確たる目標を持って努力をしてきたと自負している、自信のある男性というのは中々いないものです。

そういった男性はこの優里のタイムマシンのような気持ちを抱いてしまいます。

丁度ドラえもんでのび太君がしずかちゃんとの関係をタイムマシンで見に行きたいと言っているのと同じなんです。

それははた目から見たら女々しく映ってしまうかもしれません。

ただ、それは相手の人生を背負うと思う男性の覚悟の前段階でもあるんです。

 

まとめ

優里タイムマシンの歌詞を意味考察!作詞作曲の由来や男の気持ちも紹介しました、

優里のタイムマシンは弱気で女々しい男性の様に見えるかもしれません。

ただ、ワンルームで独りでいる男性なんて大体こんなことを考えてしまうものです。

それはできれば許してあげて欲しいものですね。

何よりこの気持ちをしっかりと吐露しながら、もしかしたら未来では女性は隣にいないかもしれない。

そんな切なさを感じさせる優里の作詞作曲は流石ですね♪

それを歌っているBAKもまた最高に歌が上手いので、この勝負はどうなるか全く分からないです。

>>対決相手:CHIMERAZの天才になってみたい人生でしたの切ない歌詞!!

3月22日24時までの投票結果が待ち遠しいですね!

そして優里によるセルフカバーもいつになるのか気になります!

それを期待しながら待ちましょう。

優里タイムマシンの歌詞を意味考察!作詞作曲の由来や男の気持ちも紹介しました。

タイトルとURLをコピーしました