THE FIRSTオーディションhuluネタバレ9話!チームAレオとナオキ涙の理由!

THE FIRSTオーディションhuluネタバレ最新9話!チームAの富士山合宿3日目~第1審査会と10話で怒りの三山凌輝の予想!THE FIRST
Pocket

THE FIRSTオーディションhuluネタバレ最新9話!チームAレオとナオキ涙の理由と10話チームBリョウキの怒りを予告!

THE FIRSTオーディションのhulu完全版の9話が配信されました♪

内容は5月28日のスッキリで放送された内容の詳細と次回予告です。

スッキリでは途中経過のダイジェストと、チームAの第1回審査会のパフォーマンスが映れました。

しかし、スッキリでは、ライバルでありながら徐々に仲間として絆を深めるオーディションメンバーや、掛け合いを楽しむ空気間を感じることはできません。

そんなスッキリでは見られない、詳細な内容をまとめていきたいと思います。

できれば、2週間無料キャンペーン中の今こそhuluで完全版を見て欲しいと思います。

それでもやっぱりhuluの登録は嫌だというかたは、THE FIRSTオーディションhuluネタバレ最新9話!チームAレオとナオキ涙の理由と10話チームBリョウキの怒りを予告!をご覧ください♪

>>hulu8話富士山初日~3日目はこちら<<

>>hulu10話チームBの第1回審査会はこちら<<

>>最終審査順位の予想はこちら<<

 

THE FIRSTオーディションhuluネタバレ最新9話!

最新9話はチームAの3日目から第1回審査会のパフォーマンスと評価までの配信になります。

 

THE FIRSTオーディションhulu9話の概要

  • チームA富士山合宿【3日目】 ナオキの涙とチームAの成長
  • チームA富士山合宿【4日目】 SKY-HIのサプライズとソウタの躍動
  • チームA富士山合宿【6日目】 中間発表会とレオのリード
  • チームA富士山合宿【7日目】 アーティスト写真撮影
  • チームA富士山合宿【8日目】 第1審査会への練習詰め作業
  • チームA富士山合宿【審査会当日】
  • 次回予告

それではTHE FIRSTオーディションhuluネタバレ最新9話の内容に入っていきましょう!

THE FIRSTオーディションのhulu完全版9話について、1日毎にチームAの様子を記事にします。

チームAレオとナオキ涙の理由!

チームA富士山合宿【3日目】 ナオキの涙とチームAの成長

体力づくりで自主的に走り込むオーディションメンバー達。

シュント:「3km走りました。体力的に息が上がることがあるのでを毎日続けなきゃいけないと思って走っています」

ナオキ:「結構毎日走ってます。富士山のおかげでもっとがんばれる気がする」

 

ナオキの涙とチームAの成長

実はナオキはあることに悩んでいた。

ナオキ:「チームAの5人でやる時にどのポジションでやればいいのかなと思ってしまう。自分は我慢してしまうタイプなんです」

と自分をどうアピールするべきなのか?・・・・

 

~テンとソウタが考えたダンスの振り入れを開始~

曲作りとともにダンス構成も固めていく。

順調に練習が進む中、どこか表情が浮かないナオキ。

ナオキ:「練習に全然集中できなかった。どうしても『ずっと後ろだな』と思っている自分と葛藤していた。けどごめん。これから集中するから」

 

ソウタ:「思っていることがあったら言って欲しい」

 

ナオキ:「前の別のオーディションではずっとポジションは決まっていたから、これじゃ目立てないなあと思ってた。

自分が言えずに残念な結果になった後悔がフラッシュバックして・・(涙)・・

気分が落ち込んじゃったんです。・・・(言葉にならない)・・・

ダンスの振りに全然集中出来なくて。

自分勝手だと思うけど、オーディションだから目立てないと受からない。

でも、良いものができているからその分壊したくない」

 

レオ:「それは分かるけど、それを言ってチームが良くなるならそれは言った方が良い。

俺は我慢しなくて良いと思う。前に出たいのは皆分かる」

 

ソウタ:「ダンスの構成のネタは1000万通りぐらいあるから変えられる」

 

【ナオキの思いを聞いて構成を変えていくチームAのメンバー達】

 

ソウタ:「こうしたほうがめっちゃ目立てるけどどうすか?」

ナオキ:「みんなそういうのを言ってくれた方が嬉しいですと言ってくれて。【】

言って良かったなって思うし、チームAのみんなとやれてよかった。

このメンバーとやれてよかったってすごく思いました。」

 

~ナオキが抱えていた悩みを聞いたメンバーは~

 

テン:「ナオキが言ってくれるまでそこまで考えてなかった。

自分とソウタ君がどこで歌うかとか、そういう面でしか考えられなかった。

それを反省したし、言ってくれて違う方向にシフトできた」

 

ソウタ:「個性があって分担ができてる。

そのおかげで仕上がった部分もあるので、このテンションでいきたい」

 

テン:「これちゃんとできたらいいなあ」

マナト:「やりたいことができてる感じがする」

ソウタ「つまづかないでここまできちゃったのが逆に怖いけどね」

レオ「チームAのなんか決めポーズ決めない?」

 

チームA富士山合宿【4日目】 SKY-HIのサプライズとソウタの躍動

4日目の昼食時に、SKY-HIから刺激的なサプライズがありました。

 

SKY-HIのサプライズ

SKY-HI:「各チーム共、トラックの中にしっかりとラップがあるので、チームによっては色んな演出をしたいとかを詰めたいと思っています。そこで、遊びに来てくれている人がいます」

【Novel Core BMSG所属の20歳ラッパー登場】

Novel Core:「音楽をやれる仲間が増えると言うことで楽しみにしています。刺激をもらえると思っています。」

 

ソウタの躍動

チームAのプリプロにNovel Coreが参加します。

その中でソウタのラップが躍動しました!

SKY-HI:「いいね、顔が入ったときが全部いいよ」

ソウタ:「Novel Coreさんが入って、SKY-HIさんと2人でビシビシやっていただいた感じでした。

ラップに関してずっと定まってなかったのが、少しずつ見えてきた。

歌いこんでしっかり出していきたい」

 

SKY-HIとNovelCoreのソウタの評価

SKY-HI:「ソウタといるとラッパーの自分があてられて、アーティストとしての自分が刺激される。

俺ならどうしようかなと考えてしまうし、燃えちゃう。あり得ない感謝とリスペクトをしている」

Novel Core:「自信を持ってラップをがっつりやれる瞬間がすぐ近くに来るんじゃないかと思う」

SKY-HI:「そうだね、スタイルを見つけたらそうなるね」

 

チームA富士山合宿【6日目】 中間発表会とレオのリード

この日はSKY-HIから各チームに呼び出しがかかり、自主練習室に集まります。

 

中間発表会

現段階のパフォーマンスを確認すると同時に他チームの進行状況も共有する。

 

~それぞれのチームが現在のベストを尽くす~

 

そんな中、チームAのパフォーマンスを見て他チームが歓声を上げる

 

SKY-HI:「仕上がってるね。この段階で既に、ここで魅せるってのも見えた気がした。

歌詞も「何があっても・・・」が「格好悪くても良い・・・」に変わったところがいいね」

 

SKY-HIに絶賛されたチームAのパフォーマンス・・・・

しかし、彼らはこの現状に不安があった・・・・

 

レオのリード

レオがチームAのメンバーを自主練習室に呼び出した。

レオ:「中間発表も終わったし、次は第1審査会だから、思うことは躊躇なく言った方が良い。

『ここダサいと思うんだよね』とか『もっと格好良くなると思うんだよね』とか。

チームが良くなることなら別にいいと思うから。

仲良くチームAで終わるために、より良いものを作るために言いたい」

 

チームのパフォーマンスをより良くするために、お互いの意見を言い合うよう提案したレオ

 

ソウタ:「結構中間発表までの練習が濃かったから大分仕上がってる。

でも練習室に来た時点で、『今日なにしよっかあ』ってなると気分が下がる。

練習を濃くするために1人1人が意見をまとめてここに来たい。」

レオ:「いい意味であらさがしをしたい。ナオキくんどうですか?同い歳ですけど」

ナオキ:「同い年ですよ。思っていますよ一緒のこと」

 

レオに対するチームAメンバーのコメント

ナオキ:「レオは上げるタイプで、僕は寄り添うタイプ。

レオが引っ張ってくれるので、僕が足りない部分を補い合いたい」

マナト:「中間発表終わって、後は第1審査だけだからもうこの際思っていることとか
躊躇なく言い合おう。

その話を切り出してくれて、本当にそう思った。

2次3次審査で良い思いができていないので、後悔したくないと言う気持ちがある。

でもそれより自分が一番楽しんでいる、チームが楽しんでいる。

それがスタッフさんとかSKY-HIさんに伝わればいいと思います」

 

【レオのリードでまとまるチームA】

 

チームA富士山合宿【7日目】 アーティスト写真撮影

7日目は第1審査会でパフォーマンスする時の衣装を着て、デビュー後をイメージしたアーティスト写真の撮影を行った。

アーティスト写真撮影

SKY-HI:「15人はライバルは間違いないけど、仲間なんで。

THEFIRSTというプロジェクトに共鳴してくれたことこの15人の仲間。

この仲間が2021年に一緒にいたってことを証明したかった。

ビジュアル込みで打ち出すのを皆でやりたかった」

 

タイキ:「今日はアーシャ撮影しました。

良い服着てSKY-HIさんに見守られて写真撮って最高っす。

絶対受かってデビューします」

 

レイ:「この衣装でクリエイティブ審査するって思いで気分が上がった。

皆の顔つきや雰囲気が全く違うものになっていく」

 

 

 

テン:「凄く仲良いんですけど、仲良くなりすぎないように、気を引き締めなきゃなって感じました」

 

ショウタ:「めっちゃ緊張しました。めっちゃ似合ってるって言ってくれたのが超嬉しかったです」

SKY-HI:「ショウタ、超若返ってるじゃん!変わるとは思ってたけど、ここまでとはね♪」

 

レオ:「こういう感じでMV取りたいね」

SKY-HI:「いいねえ、恰好良い」

 

タイキ:「ランが雑誌の表紙見たい」

レイ:「ラン、カッコいい」

 

マナト:「全然緊張はしなかったけど、リョウキ君が上手くてプレッシャー感じましたね」

 

リョウキ:「何か自分の自身とか自分の根本を思い知れた日でした。

格好つけたいとかもそうだし、自分ってこうだったなとかを再認識しました」

 

 

ソウタ:「アーティストに向けて今挑戦しているんだなって思った刺激的な一日。

〈衣装〉〈音源〉〈自分〉が全部そろった瞬間だった。

音楽や衣装に恥じないパフォーマンスをしたい」

 

SKY-HI:「リュウヘイは鼻も高いし、スタイルも良いけど、普段だぼだぼの服着てる。

だからよく分からなかった。

衣装を着たら、全中性的な全国籍の大人か子供かも全部何かわからない。

何者かが分からない魅力が出た」

 

SKY-HIのコメント

彼らがステージで立つ具体的なイメージを持つことができる。

より妄想が膨らむ一日だった。

 

チームA富士山合宿【8日目】 第1審査会への練習詰め作業

初心に戻って練習を積むチームAのメンバー達。

 

ダンス経験豊富な点が振付のアイディアを出していく。

テン:「レオがケツを叩いてくれるし。仲も良いし言いたいことも言えるし。すごくやりやすい」

ソウタ:「1人1人が個性もあるし、それをリスペクトし合える。

感謝と尊敬を、ここで培ったものを心に入れて第1審査会でがんばりたい」

 

審査が近づくにつれて不安になるメンバー

テン:「マジで怖いなあ」

 

 

レオ:「進みが早かったのでよりエンタメ感を作った。

画面の向こうにまで気持ちが届くようにパフォーマンスしたい」

kekke:「エネルギッシュだしパワフルだし厚みがある。全部伝わるから自信もって」

マナト:「全体的に言えるのは一番感じてもらいたいのは一体感」

ナオキ:「脱落ってのが怖いものだと知っているし、同じ経験をしたくない」

ソウタ:「脱落することは考えていない。むしろ、より順位を上げて次のステップに上がりたい」

テン:「SKY-HさんIが人生をかけてくれている。俺たちが変なものを見せて泥を塗りたくない」

レオ:「このチームで勝ちたいですね」

 

チームA富士山合宿【第1審査会】レオとナオキ涙の理由

いよいよ第1審査会当日です。

 

SKY-HIからの言葉

クリエイティブ審査を乗り越えてくれてありがとう。

当初この審査はスタッフには無謀だと言われていました。

でも、次の審査に入る前に、音楽との距離感を詰めてもらうために一回音楽と遊んで欲しかった。

だから大事な審査として行いました。

僕も本番に臨む気持ちなので一緒に楽しみたいと思います。

俺が知らない中でもこの数日間で、色んなドラマがあったと思う。

それを心に入れて、言葉や踊りとして表現して欲しい。

今のそのままの気持ちが音楽に乗ってくるから。

この審査が君たちをアーティストとして1段階2段階、人によっては3段階上げるものになることを信じています。

よろしくお願いします!

 

特別審査員

  • 佐藤涼子先生 ボーカルメンター
  • Matt Cab 世界的音楽プロデューサー
  • MATZ 日本のダンスミュージック界次世代アーティスト

 

チームAパフォーマンス前のコメント

テン:「このチームは本当にやりやすかった。

ダンスはすぐ覚えてくれるわ、歌は上手いわ、ラップもすぐできるわで。

それに、皆が家族みたいで大好きになってしまった

これで終わるのがもったいないくらい。

実際に終わりたくないと思っている。

でも今日が最後のパフォーマンスとして臨みたい。

今見ているBチームCチームより絶対に練習している。

このチームを見て欲しい」

 

レオ:「僕たちはこの曲を【”A”LIFE】としました。

1つの人生とチームAの人生を重ねた。

朝電車に揺られながらも元気が出るような、人の心に寄り添えるような曲です。

 

チームAパフォーマンス 【”A”LIFE】

終始笑顔と自信あふれるパフォーマンスを魅せるチームA。

本当に10日で全てを作り上げたのか、目を疑いたくなるパフォーマンスに圧巻!

2次3次審査とはチームワークや準備の量が段違いと感じるレベルだった!

 

チームAパフォーマンス後のコメント

テン:「この5人でよかったって心の底から思っています。

これまでの全てを発揮できた。

見て実感して感動してくれたらなと思っています」

 

SKYH-HI:「今までで、一番躍動感があった。色んな景色が見えた。ありがとう」

 

 

ナオキ:「・・・・(涙で言葉が出て来ない)・・・・

今までのことが頭に出てきて・・・・

想いが歌詞に入って来て・・・・

泣くのを我慢したんですけど・・・・

本当にこのチームでよかったと思うし、

このパフォーマンスをこのチームで歌えてよかった」

 

SKY-HI:「この曲のフックの歌詞はリアルだよね。

特別に凝ったギミックや遠回しな歌詞がある訳じゃない。

『殴り書きの地図眺めて自分自身見失うけど、残してきたその足跡無駄じゃないよ』

でも何より同じ気持ちにさせる心にくる歌詞だった。

 

 

レオ:「チームAでよかった・・・・・(声にならない)・・・・・・

笑顔でいられない時もあったし、たくさん悩んだこともあった。

でもチームAらしいパフォーマンスができたと思っている。

まだまだ課題もあったから改善もしていきたい。

何よりメンバーに感謝したい。

”A”LIFEが人生の宝物になった」

 

SKY-HI:「仲良しグループが良いとは言わない。

だけど、音楽を作るために必要な雰囲気、というものはある。

それを理想的な形でスタートしたのがレオだった。

この審査自体が不安だったけど、最後にできた形がこれで、

それを共有できたことに、僕も救われる思いだ。

でもまだ道途中なので、それを忘れないで」

 

 

マナト:「チームAはライバルであり仲間であり切磋琢磨できた。

たくさん練習できたこともあるけど、見ているB,Cチームも盛り上げてくれた。

ありがとう。

このチームは、僕がふざけても4人がちゃんと怒ってくれたし、

必ず誰かが支えてくれた。

このチームを誇りに思う」

 

SKY-HI:「マナトの武器はずっと歌唱力だと認識いたけれど、

一番凄いのは音楽との距離の近さでした。

感情が歌にそのまま乗るし、音楽に愛されている力を感じる。

君が生みだすラインは感情とストーリーに沿ったものが出てくる。

歌唱力と思っていたけど考え方がかわった。

存在価値を示すパフォーマンスでした。」

 

 

ソウタ:「まだここは通過点ていうのは分かっていたんですけど・・・涙

このグループ審査を通じて、

グループとして人生を過ごしたいと思いました。

結果はどうであれ5人でのパフォーマンスは宝物です」

 

SKY-HI:「ソウタはどんどん音楽との距離が近くなって、

どんどん音楽が好きになってると感じる。

コレオグラフだけでなくパフォーマンスとしての質が高くなっている。

通過点でもあるけどクリエイティブっていうのは、カメラや記憶に一生生き続ける。

毎回毎回が通過点だけど、毎作毎作が集大成。

今回の作品は、今までの人生の1つの集大成だ。

それを感じさせてくれたのは音楽の力。

その結果クオリティの高いものを見せてくれた。

5人の個性が見えた。

皆がどんな人なのかが分かるようなパフォーマンスだった。

ありがとう」

 

チームの垣根を越えてたたえ合うオーディションメンバー達

 

THE FIRSTオーディションhulu10話で難航するチームBの予告!

チームBはプリプロ時点から全く上手くいかずに、リーダーをSKY-HIが指名するような形になっていた。

何とかに経験のリョウキが奮闘するも、皆の個性や意見がバラバラになっていてまとまらない。

個々の能力が高いのに、クリエイティブFIRSTではないとSKY-HIからも評価されていた。

そんなチームBは、リョウキがシュンスケに激昂するシーンも見られるなど、やはり波乱が巻き起こるようです!!

シュンスケは、リョウキの見せ場を減らそうなんてしてないと言いますが、リョウキはシュンスケが先に言えっていったんだろ!!というシーンが見られました。

どうやら曲構成の中で、リョウキとシュンスケがぶつかってしまうようです。

音楽性や個性、今まで生きてきた価値観の違う5人がどうまとまっていくのか!?

第1審査会でどんなパフォーマンスが見られるのか!?

hulu完全版第10話が気になります!

 

まとめ

THE FIRSTオーディションhuluネタバレ最新9話!チームAレオとナオキ涙の理由と10話チームBリョウキの怒りを予告しました。

遂に、THE FIRSTオーディションの富士山合宿も第1審査会が始まりました!

チームAのパフォーマンスは本当に圧巻の一言です。

そして、そのチームAを引っ張ったレオやソウタやテンのSKY-HIの評価はとても高いものだと思います。

これは第1回審査会の通過メンバーも徐々に見えてきますね♪

実際に富士山合宿の通過メンバーを推測したもの、デビュー決定メンバーの推測もしていますので、併せてご覧ください♪

どんどん熱を帯びる富士山合宿!次回のチームBもどんな展開に、どんなパフォーマンスになるのかとても楽しみです!

そして、この富士山合宿の内容ですが、スッキリでは内容のダイジェスト版が放送されます。

しかし、hulu完全版ではスッキリで見られないメンバー同士の絆や空気間、そこで共に生活し、苦労や努力を分かちあう仲間としての存在感。

ライバルだった人がいつの間にか仲間なっていったこの経過があったからこそ得られた感動の涙。

そこまで詳しい内容が描かれています。

結果だけではなく、築き上げていくストーリーこそが、THE FIRSTオーディションの醍醐味です。

この醍醐味はhulu完全版でしか見ることができませんので、ぜひこの感動をhuluで一緒に味わって欲しいです!

今なら2週間無料ですので、この機会にTHE FIRSTの完全版をhuluでどうぞ!

>>hulu8話富士山初日~3日目はこちら<<

>>hulu10話チームBの第1回審査会はこちら<<

>>最終審査順位の予想はこちら<<

タイトルとURLをコピーしました