THE FIRSTオーディションネタバレhulu12話脱落者3名発表と涙の別れ!

THE FIRSTオーディションネタバレ最新hulu12話脱落者3名発表と涙の別れ!13話疑似プロ審査の予想!THE FIRST
Pocket

THE FIRSTオーディションネタバレhulu12話脱落者3名発表と涙の別れ!13話疑似プロ審査の予告を紹介します!

4次審査である富士山合宿に入り、遂に第1審査のクリエイティブ審査結果が発表されます!

各々に特色なるチームA、チームB、チームCですが、youtubeでアップされた審査曲の「”A”Life」「Gooddays」「YOLO」の再生回数が伸びに伸びて話題になっています!

そんなクリエイティブ審査でしたが、ネット上では「誰が落ちてしまうのか?」「もう15人全員通過してくれ」等の声が出る程、脱落者を悲しむ声が多数あります。

各々の個性や才能があふれているTHEFIRSTオーディションメンバー達。

SKY-HIも悩み抜いた結果がついに発表されます!

それでは、THE FIRSTオーディションネタバレhulu12話脱落者3名発表と涙の別れ!13話疑似プロ審査の予告を紹介します!

もし、次の話が見たい方はこちらからどうぞ

>>hulu13話「疑似プロ審査チームBe Freeの練習と本番」<<

もし、もう一度クリエイティブ審査をおさらいしたい人は、こちらからどうぞ

>>富士山合宿1日~3日目<<

>>チームAクリエイティブ審査の詳細<<

>>チームBクリエイティブ審査の詳細<<

>>チームCクリエイティブ審査の詳細<<

最終審査順位の予想を見たい方はこちらからどうぞ

>>最終審査順位の予想はこちら<<

 

この記事で書かれている内容

THE FIRSTオーディションネタバレhulu12話脱落者3名発表と涙の別れ!

THE FIRSTオーディションネタバレ最新hulu12話脱落者3名発表と涙の別れ!13話疑似プロ審査の予想!

THE FIRSTオーディションのhulu完全版12話には、クリエイティブ審査の結果発表と脱落者との別れが収録されています。

各々の個性と主にチームA、チームB、チームCがそれぞれのパフォーマンスを披露しました。

皆が各々の10日間を振り返り、涙を流すことも多々ありました。

そんなパフォーマンスでの審査結果によって15人に順位がつき、3名が脱落することになります。

それでは、これまでのあらすじからご紹介します。

 

これまでのあらすじ

クリエイティブ審査で、15名の内3名が脱落する、審査内容は楽曲を1曲まるごとつくること

 

SKY-HIのチーム毎評価

SKY-HIが各々のチームの評価についてコメントしています。

 

チームA

物凄くクオリティが高いものを見せてもらえた5人全員の個性がしっかりと受け取れました。

 

チームB

このチームは全員歌が上手くなっていて、これがデビューしていないなんて嘘だろう?

という最高のパフォーマンスを見せてくれたことを、心から感謝します。

 

チームC

1人の音楽を愛する人間として、個の楽曲が世の中に残せることを、心から嬉しく誇りに思います。

 

15人で過ごす最後の日

それぞれのメンバーが審査後のコメントをしています。

 

メンバー個人ごとのクリエイティブ審査へのコメント

レオ:「それぞれのチームのドラマがあった分歌の深みがったし、

メンバー入りするkとおしか考えずにここまでやってきたので、

誰が落ちてもしんどいですね。自分のことの様にしんどい」

 

ナオキ:「自分のできることはやりきった。THEFIRSTの方向性にあう人が残ると思う。

誰が落ちてもおかしくない。僕は1回悔しい思いをしたので、

残りたい、ドキドキで一杯です。」

テン:「このオーディションに合格する自信はあります。

このオーディションに落ちたら芸能界を目指すのをやめる。

自分が一番尊敬するアーティストのオーディションなので、

受かる自信鹿ないので、明日と言わずに全部受かります」

 

マナト:「パフォーマンスしている時も感極まったときがある。

お客さんが目の前にいるのが想像できてもっとアリーナやドームとかでやっている絵が、

浮かびました。合否発表がありますが、

どんな結果になっても悔いはないので、受け止めたいです。」

 

ソウタ:「結果は今は動かせない。今日感じられた感情だったり掴んだもの、

アーティストになりたいという気持ちを背負ってどんな結果になっても前に進みたい。

絶対泣きたくなかったんですけど

メンバーのナオキやレオが泣いちゃって、我慢できなくなっちゃいました。

 

シュンスケ:「チームBはいろいろ人間同士がぶつかり合ったりで、

大変なチームで自分んもまとめるのにすごい苦労したんですけど、

昨日しっかり意見がぶつかり合ったった言うのもあって、

その時は不安でしたけどそこからみんな絆の深まり方も早かったので、

ぶつかり合うことも大事なんだなと勉強になった」

 

ラン:「分かったのは、グループの大変さや、

1人で作るものではないので、相手をリスペクトするという気持ちが

デビューに向けとても大切だと感じた。

もし次の審査に行けるなら、相手をリスペクトして

心の成長と基礎を積み上げていってデビューに向けて成長したい」

 

リュウヘイ:「もめ愛とかが実際チームBでは起きていたりして、

けど、音楽と触れ合う時間は楽しくて、

より良いものを作ろうって意識があったからこそ

この10日間を一瞬と感じた。

アーティストになるためにこの合宿審査を通過して、

人として成長していきたい。

自信はもっておかないといけないと思います」

 

リョウキ:「歌を中心に見せるパフォーマンスだった、

他のチームに比べたら圧倒するものはなかったかもしれない。

歌詞を届けようっていうのは一致していた、

僕たちののテンションが伝わっていたらなと思っています。

すごくドキドキしています。

明日の結果を待ちたいと思います」

 

ジュノン:「みんなすごくて自信なくなっちゃって、

結構不安なんですけど、信じて結果を待ちます。

いい結果だったら明日以降成長できるように、精一杯練習に励みます」

 

ルイ:「チームCはものすごく一人一人の個性が違って、

良い色が出ていて5色の虹が出たようで、すごくいいチームでした。

なんで泣いてるんだろうって思いましたけど、たぶんうれし涙ですね。

悔いのないようにできたと思うんですけど、

15人から3人落ちただけで大分雰囲気は変わると思います。

それが自分自信かもしれないし、分からないですけど、

ちゃんと自信を持って、なんなら落ちても音楽に近づけたというところで悔いはないです。

全然怖くはないけど不安はあります。

まだ音楽に近づきたいっていうドキドキ感があります。」

 

レイ:「オーディションってわかってたんですけど、

ずっと15人でいたいって気持ちが芽生えちゃいました。

今日はぐっすり寝て明日何が起きたとしても、

僕かなしくなっちゃうから、

今日は何も考えずに頭の中を無にして、明日ネガティブになろうかなと思います」

 

シュント:「自分たちがやっている姿を、自分たちが見えていないので、

受かると断言するのは自分にはできない。

絶対に受かりたいと言う気持ちは100%あります」

 

タイキ:「めちゃくちゃ緊張します今日ぐっすり寝ますとか言いましたけど、寝れないですね。

マジで落ちたくないですね。絶対受かります!

順位も前回よりどんどん上がっているところを、

カメラに収めてみんなに見せたいです。

絶対受かります。

 

ショウタ:「ただの通過点ではなかったなと言うか、

絶対忘れない1日になりました。

明日3人落ちると言う複雑な夜を過ごしました。

誰が落ちてもおかしくない。

この15人の中でやれてることを誇りに思っています。

それがより自信につながって、1個のきっかけになるような日だったなと思っています。

1位を獲る自信はあります」

 

クリエイティブ審査を終えて束の間の休息

スタッフ:「それぞれの部屋でお疲れ会するの?」

マナト:「審査は終わりましたが、今日と言う日は一日しかないので楽しみましょう」

シュンスケ:「楽しみましょう!?乾杯でしょ?」

ソウタ、シュンスケ、マナト:「カンパーイ」

 

炭酸ジュースや水で乾杯する一同

 

マナト:「これ合法かよ」

ソウタ:「wwww」

シュンスケ:「www」

 

 

~別の部屋では~

シュント:「今からお疲れ会を」

スタッフ:「どこで?」

シュント:「ここです(リュウヘイ達の部屋)」

お菓子を運ぶリョウキとシュント

リュウヘイ:「急に強烈な匂いが・・・」

リョウキ:「いる?」

リュウヘイ:「悪くない味」

 

~廊下でSKY-HI、シュント、ルイ、タイキ~

SKY-HI:「お着替えする?(ルイ、タイキ)」

ルイ:「お着替えします♪」

タイキ:「お着替えしまーす♪」

 

~パフォーマンス衣装返却~

変なポーズで腰を伸ばすレイ

レイ:「ここ(背中)がちょっと痛いんです」

スタッフ:「www」

 

~皆で温泉へ~

SKY-HI:「自由参加ですけど、今から行きたい人は温泉行きましょ~」

一同:「は~~~い!!」

 

~じゃれ合うタイキとルイ~

スタッフ:「今からどこに行くんですか?」

ルイ:「えっとハワイ行ってそのあとロンドン行って、パリ行って、ニューヨーク」

タイキ:「ニュウーヨークで締めるっていう」

ルイ:「ニューヨークで入浴・・・ww」

タイキ:「っていうことで温泉行ってきます」

 

SKY-HIの評価

スタッフ:「今日運命の日でしたね」

SKY-HI:「今日がうまくいかなかったらTHEFIRSTはうまくいかなかったので、

やっとみんなに確証をもらったと思っています。

正直クリエティブ審査という時点で、チームの中で全員が輝くことができないと思っていた。

全員がモチベーションを保ち続けるのは難しいと思っていたが、それはお門違いだった。

全員はるかにレベルが上がっていた

オーディションサバイバルとしてはどんどん難しくなってくるから

勝手に全部やらせて素質だけでやらせて素質だけで選んでいけば楽だけど、

そういうわけにはいかない。

いいパフォーマンスを作るために妥協しなかったチームAと

崩壊しかけてもゴールをあきらめなかったチームBと

いい音楽を作ると言うことだけに集中したチームC

それぞれはやれている。

その中でもよりけん引した人を選ぶと言う作業、選考は本当に地獄だと思います」

 

深夜まで選考するSKY-HI

誰に次の審査をお願いするかとか

通過する方にしても、何位っていうのかを

しばらく一人で考えたいので、

申し訳ないですけど、1人にしていただけるとありがたいと思っています。

カギは開けたままでいいんで、すいません。

選考は深夜にまで及んだ・・・・

 

富士山合宿11日目 第1審査順位発表

SKY-HI:「審査の基準は3つの要素です」

審査基準①:自分をリスペクトして同じように他者をリスペクトすること」

審査基準②:自分の100%も他人の100%も削らないでクリエイションしていくこと

審査基準③:チームでパフォーマンスがどうよくなるかを考え続けること

 

チーム順位発表

SKY-HI:「個人の順位を発表する前にチームの順位を発表したいと思います。」

 

1位:チームA「”A”Life」

最初の段階から見ているものがぶれなかった。

チームとしてどういったものを作ったらいいだろうか。

クリエイティブをファーストに考えよう。

良いものを作ることを第一優先に考えようと言うことが、

1個もぶれなかったので、

早い段階で完成した後もブラッシュアップを怠らず

その結果たった10日にも関わらず、

振りの固め方をしたような、

歌い込みをしたようなパフォーマンス

細かいところまで徹底的にクリエイションを完成させたのはチームAでした。

 

2位:チームC「YOLO」

本当に難しかった。

なぜなら一番感動をくれたのはチームCだったからです。

本人たちができる100%を誰も棄損せずに、

自分の100%も棄損させずにパフォーマンスをしてくれた。

それには物凄い強い感情をくれました。

チームAとの違いは本当に細やかなクオリティの差だったと思います。

 

3位:チームB「Gooddays」

本人たちが一番分かっていると思います。

良く修正したと思う。

1バース目の振付や凄く独創的なクリエイティブを発揮してくれた。

しかし、歌い分けや振りに不明瞭なところが多い状態だった。

昨日の段階で順位をつけるならそうなってしまう。

 

個人順位発表

ここからは個人順位を発表します。

 

1位:ソウタ(島雄 壮太) 20歳

THE FIRSTクリエイティブ審査の脱落者は誰?3人が落ちた理由やメンバーの順位も紹介!

引用元:BMSG THE FIRST公式HP

SKY-HIの評価

本当に素晴らしかった。

派手なパフォーマンスで点を稼いだと思う人もいるかもしれないが、

空を飛ぶとか、あれがあろうとなかろうと1位でした。

元々ダンサーとしての能力が高いことを知っていたけれど、

チームAで誰が、どこで何をすれば良いかを、考え一番行動出来ていたと思う。

短い時間の中でグループのラッパーとして強い存在になっていたし、

合宿の初日に比べても別人のようなパフォーマンスを見せてくれて、

衝撃を隠しきれない。

何度も映像後見たけれど強烈なインパクトを残していた。

チームA全体のパフォーマンスも素晴らしいものでした。

 

ソウタのコメント

1位には驚いていますが、素直に嬉しいです。

クリエイティブ審査は正直得意分野だと思いましたが、

コレオグラファーとして本質を引き立ててくれたのは、

皆の力。自分についてきてくれた皆に感謝したい。

ラップをSKY-HIに褒めていただいたのも自信に代わりました。

昨日の本番の中で反省点も見つかったので、

これからも前を向いていきたい。

SKY-HI:「ラッパーとして成長したけれど、次の審査には明確な課題が出る」

 

2位:ショウタ(渡邉 翔太) 22歳

THE FIRSTクリエイティブ審査の脱落者は誰?3人が落ちた理由やメンバーの順位も紹介!

引用元:BMSG THE FIRST公式HP

SKY-HIの評価

第2位ですけど同時にMVPだったと思います。

最も大変で、最も美しく、最もグループとして価値のある行動をしていた。

一番感動したのは、歌詞やトップラインを作ったことがないメンバーが、

楽しそうにやっていた、させられていた。

それはプロのアーティストでも簡単なことではない。

現存するアーティストの中でも特異な才能だと思います。

それもただ遊んでいるのではなくて、

クオリティを高めるという旗のもとに出来ていて、

しかも自分のパフォーマンスも100%発揮できていた。

尊敬しています。

 

ショウタのコメント

チームとしては素晴らしいチームを目指して

個人としても1位を目指すとカメラの前でも言ってきました。

それが嘘にならないように、

どうしたら個人的に高い位置に行けるかを毎日考えていた。

正直1位ではないのはめちゃくちゃ悔しいですけど、

上がいるというのは良いプレッシャーだと思いますので、

この先も高いところを目指し続けていきたいなと思います。

皆に感謝の気持ちを忘れないでいきたい。

ありがとうございました。

 

3位:レオ(上村礼王)23歳

THE FIRSTクリエイティブ審査の脱落者は誰?3人が落ちた理由やメンバーの順位も紹介!

引用元:BMSG THE FIRST公式HP

SKY-HIの評価

一番驚いたのは、ライティングの経験がないのに、一番最初にブースに行きトップライン、メロディラインを作ったこと。

そして、チームを盛り上げるだけでなく、

もう少しクオリティが高いところに行けるもう少しいい言葉が出るんじゃないか、

とあきらめずに鼓舞していった姿が印象的でした。

リーダーはいないと言っていましたが、やはり引っ張っていったのはレオに見えたし、

あなたがやったことは間違いじゃなかったと思います。

今回ソウタを1位にしましたが、ソウタを1位にするところまで引っ張ったのもレオだと思います。

それはとても難しいことなので、誇りに思ってください。

 

レオのコメント

3位に選んでいただいたのは嬉しい。

メンバーが各々上を見るメンバーだったので、自分ももっと上え上えと素直に考えられた。

周りの人のおかげで自分も心の状態を保ちながら上を目指せた。

まだ本番を経て反省点が出てきたので、

理想の自分と今の自分を照らし合わせて、

今日より明日また1ミリでも近づけるようにに頑張りたいと思います。

 

4位:シュント(久保 舜斗) 17歳

THE FIRSTクリエイティブ審査の脱落者は誰?3人が落ちた理由やメンバーの順位も紹介!

引用元:BMSG THE FIRST公式HP

SKY-HIの評価

相変わらず高い存在感を楽曲の中で発揮していたと思います。

そもそも全てのスキルが高いことが常にあなたの順位を上げる要因だと思います。

今回4位だったのは、クリエイティブ審査だからというのもあります。

チームで物を作るにあたってのメロディーや歌詞も含めて4位です。

実際にピッチが不安定になったこともあります。

次は純粋なパフォーマンスアーティストとして期待しています。

 

シュントのコメント

クリエイティブ審査になって、ショウタ君が引っ張ってくれて、甘えいたこともあった。

自分にはもっとできたことがあるんじゃないかとも思いました。

本番を通じて反省点を活かしていきたいと思います。

 

5位:マナト(広瀬真人)20歳

THE FIRSTクリエイティブ審査の脱落者は誰?3人が落ちた理由やメンバーの順位も紹介!

引用元:BMSG THE FIRST公式HP

SKY-HIの評価

マナトは割と早い段階で、自分が輝ける場所に気付いて、

そこでの歌唱を高めるという方向に集中していたのが印象的でした。

最初のプリプロでプリコーラスで良いよって言ったのを見て、

サビを相手に譲るように見えましたが、

中間発表でサビを食うようなプリコーラスの存在感を証明していたのはちょっと驚きました。

たまにあるフィーチャリングしたアーティストが、

呼んだ側を食うようなパフォーマンスをすることがありますが、

あなたは短い時間で完全にその空気を掌握すると言う

アーティストとして一番格好いいことをしていました。

賞賛の言葉しかありません。

ありがとうございました。

 

マナトのコメント

前回が13位だったこともあって、驚いていますし嬉しいです。

チームAのみんなも歌やダンスの構成も自分が歌うところが目立たせてくれる構成を考えたり、

意見を出し合ってあの曲ができたと思っています。

まだまだ歌やダンスに課題があると思っています。

そこを糧に頑張りたいと思います。

 

6位:テン(大山 天) 19歳

THE FIRSTクリエイティブ審査の脱落者は誰?3人が落ちた理由やメンバーの順位も紹介!

引用元:BMSG THE FIRST公式HP

SKY-HIの評価

テンに今まで素晴らしいと言っていたことが、

そのまま増幅されたようなパフォーマンスだったと感じています。

順位は下がったように見えるかも知れないけれど、安定して成長していると感じています。

クリエイティブ審査という面では、

少しSKY-HIとスタイルが被っていることが気になるように感じました。

それはラッパーとして表に立つ準備ができているからだと思います。

次の審査は明確な課題が出てくると思います。

大変だと思いますけどぜひ頑張って欲しいです。

素晴らしいパフォーマンスありがとうございました。

 

テンのコメント

正直僕は作詞をすることは初めてで、

クリエイティブ審査は一番緊張していた。

チームAでメンバーがいてくれたおかげで、自分がしたい振付けや歌詞やメロディーを楽しく作れました。

順位は落ちましたが、まだまだ自分は上に上がれると思うので、

この先も課題をこなして誰よりも努力して1位になりたい

 

7位:リュウヘイ(黒田 竜平) 14歳

THE FIRSTクリエイティブ審査の脱落者は誰?3人が落ちた理由やメンバーの順位も紹介!

引用元:BMSG THE FIRST公式HP

SKY-HIの評価

低すぎる気も高すぎる気もする順位だと思います。

正直チームBは皆どの順位にするか迷った。

純粋なクリエイティブの能力でさらに上の順位をあげても違和感がないぐらい

よくこの状況で”君のために”でなく”僕のために歌うこのメロディ”に変えた、

よくここで出してきたなと思いました、

”浅く深い友”という言葉を、仲間という言葉に逃げずに自分で作り出したこと。

チームへの貢献としても”Gooddays”で着ることで、

ボーカルが凄く回しやすい構成になったと思います。

他のチームは動機ってもサビは1人か2人で歌うところを、

すごく見ていも分かりやすく4人に割れたこととか、

3連符を遣ったり、高く低くを使い分けたり、

上下左右を使っていたというセンスに脱帽しました。

今回の3日目のプリプロであのラインをを出してきた時に、

衝撃を受けましたが、今回のクリエイティブ審査はリュウヘイが1位だと思いましたが、

7位まで順位を落としています。

原因は自分が分かっていると思いますが、

それはまた明日改めて話します。

今日はお疲れさまでした。

 

リュウヘイのコメント

アーティシズムっていう言葉を耳にしますが、

自分の中でそれは何だろうと考えて、

どう曲に生かすかを考えていました。

今回の審査では自分の力を十分に発揮できていなかったので、

アーティシズムを活かせなかったと思っています。

次回からの審査は、今回の課題を踏まえて考え、

また1位に返り咲けるように頑張りたいと思います。

ありがとうございました。

8位:ルイ(川島 塁)13歳

THE FIRSTクリエイティブ審査の脱落者は誰?3人が落ちた理由やメンバーの順位も紹介!

引用元:BMSG THE FIRST公式HP

SKY-HIの評価

正直周りは経験者の中、クリエイティブ審査は大丈夫かなと心配した。

ショウタのおかげか分からないが、楽しそうにしているのを見て、

衝撃を受けいました。

実際に手掛けたアウトフックは印象に残っていますし、

あそこを歌いながら、後片付けをしているスタッフを僕は見かけました。

楽曲にとって素晴らしいクリエイティビティを残していました。

パフォーマンス中も集中力が切れずに表情が楽曲を象徴していたところも、

非常にクリエイティブでした。

 

ルイのコメント

チームCは皆がライティングして、僕は心配でしたけど、

全員が引っ張ってくれたから、取れた順位だと思っています。

嬉しいと言う感情よりもチームに感謝しています。

これからも自分が引っ張っていけるように頑張りたいです。

ありがとうございました。

 

9位:ジュノン(池亀 樹音)22歳

THE FIRSTクリエイティブ審査の脱落者は誰?3人が落ちた理由やメンバーの順位も紹介!

引用元:BMSG THE FIRST公式HP

SKY-HIの評価

クリエイティブ審査の中で言っていた、他人も自分も100%を出し切ることを、

自分の100%を棄損せずに、自分を100%出し切った上で、他人も100%尊重することや、

チームのクオリティを上げるために、自分ができるのを何か模索する中で、

自分のクオリティをただひたすら上げることに専念したように思えました。

それでも苦手であるダンスや振りつけは頑張るから、

得意な歌では100%思う間がままやるというスタンスだったと思うが大正解だと思う。

合宿審査に入って一番伸びているのはジュノンで、単純に歌が上手くなっています。

人間はこんな短い時間でこんなに上手くなるのかと衝撃を受けています。

あと1週間あったらどうなるんだろうとざわざわしています。

次回の歌を楽しみにしています。

 

ジュノンのコメント

ダンスも歌も未経験で歌詞も作ったことが無くて、クリエイティブ審査に挑むことが不安だった。

チームの皆が経験者で全てに関して助けられた。

歌が得意だと自分でも言っているが、自分の歌でどういう能力が伸びているのか分からない。

先生の言っていることをただひたすらにやっていました。

それが本当にためになっているんだなSKY-HIさんに言われて実感しました。

自分は正直危ないと思ったんですけど今回9位をもらって、次回順位を上げられるように頑張ります。

 

10位:レイ(カドサワンレイコ)18歳

THE FIRSTクリエイティブ審査の脱落者は誰?3人が落ちた理由やメンバーの順位も紹介!

引用元:BMSG THE FIRST公式HP

SKY-HIの評価

15位に入ったときも、どんどん成長してく、レイちゃんに驚かされた。

もっと驚いたのは、こんなに音楽が好きなんだと猛烈に感じました。レイ、ショウタ、リュウヘイの

音楽に対する愛情の深さは尋常じゃないものを感じます。

ライティングをしたことがないのに、初めてで今回の歌のサビやラインが出せた。

人間は聞いた音しか出せない。

聞いている音楽の数が多いほど、色んなアイディアが出てくると思います。

音楽が好きで好きでしょうがない時間を過ごすほど、

音楽からがこっちを好きになってくれることがたまにあります。

一番大事な本番でのブレイクの部分で一番声が伸びたのも、音楽からのプレゼントだと思いますj。

ロマンチックに聞こえるかもしれませんが、ロジックがあることです

音楽を好きでいること、音楽と距離を近くすること、音楽と仲良くなることそれが大切であること

大切だということ。

それを証明してくれたのはレイちゃんだと思います。

 

レイのコメント

最初自分たちで曲をつくると聞いた時心の中では「やべえ」と思った。

ショウタ君のおかげだけど、曲を作る時に、聴いて出すというのをずっと真似して、

上手くいってよかった。

昨日の本番も着替えて会場に移動するときもずっと不安で、部屋に戻って暗いところで隅にいたかったところを、

ショウタ君が楽しい雰囲気を作ってくれたことや、

メンバーの4人を見ることに集中したら、

自分も明るくなったので、チームのメンバーのおかげです。

SKY-HI:「あなたはもうアーティストです」

 

11位:ラン(古家 蘭)18歳

THE FIRSTクリエイティブ審査の脱落者は誰?3人が落ちた理由やメンバーの順位も紹介!

引用元:BMSG THE FIRST公式HP

SKY-HIの評価

細かいことは明日面談で話せたら、そして聞かせて欲しい

2次審査ぶりに歌で存在感を示してくれた。

その威力は2次審査の日ではなかった。

ダンスに自信があると思うけど、

全く踊れなくて歌一本ですと言われても素晴らしいシンガーだねと

言えるぐらい素晴らしかった。

次の審査で1位に返り咲いているランを見たいと思っています。

 

ランのコメント

クリエイティブ審査でも、思うような自分を出せずに、伸び悩んでいて、

自分に自信をつけることが難しくなっていた。

仲間のみんなが大丈夫だって元気づけてくれたり、

身を任せてくれて、

本番では自分を出すことができた。

クリエイティブというなかで、自分が周りに目を向けたり、

引き出すことができたんではないかと思います。

一番の僕の壁であると感じたので、

次はその壁を壊してさらに上に行きたいと思いました。

SKY-HI:「もう自信みたいなものあはありますか?」

ラン:「はい」

SKY-HI:「よかったです」

 

12位:リョウキ(三山 凌輝)22歳

THE FIRSTクリエイティブ審査の脱落者は誰?3人が落ちた理由やメンバーの順位も紹介!

引用元:BMSG THE FIRST公式HP

SKY-HIの評価

前提として改めて言っておくと、

ステージでの輝き方を知っているあなたは、

上手く転がれば1位や2位に輝けると思います。

しかし、今回はクリエイティブ審査というより、

チームとして戦う中で物凄くスタックしてしまったと思います。

一朝一夕で直ることではないと思う。

次の審査もひょっとしたら、リョウキにとって厳しいものになるかもしれない。

でも1個事実として、ダンスも可動域が広がって、グルーブを感じられるようになり、

歌も笑顔や優しさや、聴いている人に寄り添えるところがあり感動した。

あなたが持っている個性とか特徴とかを消す必要はない。

自分を出すためにチームがあるのではなく、

自分を出した結果チームが輝いたり、チームのクリエイティブ的に良いことをしたら、

自分が輝い

たりアーティストと作品は常にそういう関係で会って欲しい。

 

リョウキのコメント

チームBは最後までみんあで走り抜けられたことは正直自分でもびっくりしています。

こんなに気持ちが伝わり合わずにぶつかり合ってすれ違っていくということを人生で初めて体験した

10日間では消化しきれなった。

チームBだったからこそ、人とのことを考えられるようになったし、

で音楽と近くなれたことを感じている。

苦しさから生まれた喜びをも感じました。

悔しい順位ではありますが、次の審査で絶対に挽回します。

 

SKY-HI:「すごくよくなっていることは事実で、嘘がないのも感じている。

同時に後が無いのも事実です。

自分のためがチームのため、チームのためが自分のためになるように頑張ってください。

信じています」

 

SKY-HIから脱落者ナオキ、タイキ、シュンスケへの言葉

~通過者12名は退場~

応募して、参加してくれて、ありがとう

どのチームも素晴らしいパフォーマンスを見せてくれて

心から感謝しているし尊敬している。

お互いに残った課題は違います。

 

脱落者①:ナオキ(男澤直樹)23歳

THE FIRSTクリエイティブ審査の脱落者は誰?3人が落ちた理由やメンバーの順位も紹介!

引用元:BMSG THE FIRST公式HP

SKY-HIの言葉

ナオキを難しい立場にしたのは、初日のプリプロダクションだったかも知れません。

ライティング経験がある人をどのチームにも均等になるように振り分けていたんだけれど、

実際に出来上がった曲でメロディーや振付で、

クリエイトした部分というのは示せなかったと思っています。

それでもどうしても目が離せないというぐらいのエゴを発揮できていたら。

エゴイズムっていうのは、「もう少し俺を目立たせてくれ」というものや、

本当は、誰も何も言っていないのに、

ステージ上で「俺を見ろ!」という声にならない感情が響いてくるような人。

そういうものがあれば結果は違っていたと思います。

それくらい、そもそものクオリティ圧倒的な安定感は、

この15人の中でも相当上位にいたと思う。

もう少し見せていただきたい気持ちは強い。

正直チームAでのパフォーマンスももっと見ていたいくらいでした。

でも、どうしても最後にメンバーを決めるにあたって、

メンバーを絞っていかななきゃいけない中で、

クリエイティブ審査で存在感を示せなかったのが、

今回の結果だと思います。

この10日間、いやその前からずっと、

一緒にものが作れて、僕は幸せでした。

ありがとうございました。

 

 

脱落者②:シュンスケ(織戸俊輔)20歳

THE FIRSTクリエイティブ審査の脱落者は誰?3人が落ちた理由やメンバーの順位も紹介!

引用元:BMSG THE FIRST公式HP

SKY-HIの言葉

状況はナオキと似ていると思う。

メロディーやコレオグラフ(振付け)等のクリエイティブを、

チームの中で存在感を示せなかった。

そうなった時に、玉野アカペラで存在感を示したかったのは気持ちは分かります。

しかし、楽曲にとってなぜあそこでアカペラが存在するのか、

例えば隣にそのメロディーと歌詞を作った人がそこにいるのに、

そこでアカペラがあることで、楽曲にどういったメッセージをもたらすのか。

見ている人に何を伝えたいのか。

そういったクリエイティブの根幹と、

冒頭のアカペラが結びついているようには見えませんでした。

あなたの歌がうまいことラップもできるというもろもろのことは、

今までの審査で知っていたから、その先を見たかった。

今回は、その先には届かなかったと思っています。

ただ、あなたが素晴らしいアーティストであることに何も変わりはありません。

一緒にものを作らせてくれて、本当にありがとうございました。

 

脱落者③:タイキ(溝口 太基)13歳

THE FIRSTクリエイティブ審査の脱落者は誰?3人が落ちた理由やメンバーの順位も紹介!

引用元:BMSG THE FIRST公式HP

SKY-HIの言葉

これは言わなくてはいけないと思っていたことを、

パフォーマンスの後に言っていたので、

ひょっとしたら分かっていることなのかも知れません。

ソロではなくて、チームでものを作る時に、周りを見えていなかった点があると思います。

あなたは、アーティシズムだったり、ダンスやラップのクオリティだったり、

こんなものを作ろうというクリエイティビティだったり、

THE FIRSTで求められているものを多く持っています。

ただラッパーもしくはアーティストとしてやっていく時に、

今のあなたこそ、広い社会にたくさん触れることを増やすべきだと思いました。

デビューすることは、割と触れ合う人間が固まってくることでもあります。

同じスタッフやメンバーで見えてくる景色を変わりますし、

周囲から向けられる目も固まってきます。

少し早いと判断しました。

もう少し、学校に行く、恋愛をする、喧嘩をするも良いかもしれません。

日常生活を膨らませて、色んな感情の振れ幅を実生活で増やして欲しい。

20歳を超えた時に、元天才子役みたいな扱いをしてほしくない。

しっかりと準備をして素晴らしいアーティストとして世に出ることを、

確信しています。

次に会えることを楽しみにしています。

 

SKY-HIから脱落者3人へのコメント

本当にあれだけのクオリティの30人、もっと多い人数から、

合宿の15人に残っていることは、

日本の中でとても高いポテンシャルや才能を持っている証明でもあります。

ここでお別れすることになって、本当に申し訳ないです。

ありがとう。

 

ナオキのコメント

同じ経験を1回しているから、悔しいですけど、

ここで得られたものはたくさんある。

色々な音楽や人に触れて、

人としての厚みが出たと思っています。

 

タイキのコメント

悔しい結果になったんですけど、

共同生活をしていく上で、

大切なことが分かった気がしたから、

みんなにはすごく感謝しています。

 

脱落したナオキ、タイキ、シュンスケへの通過メンバーの反応

脱落した3人が宿舎に戻ってきますが、通過した12人は先に戻っています。

 

年上3人組の部屋

ソウタ:「ナオキが落ちることになるなんて」

ショウタ:「タイキが落ちることになるなんて、もう分からない」

レオ:「普通に目見られなかったもんあいつらの・・・シュンスケとナオキとタイキ」

ショウタ:「俺らが頑張った姿見せて誇りに思ってもらうしかないよね」

レオ:「こいつらだったらしょうがいないって思ってもらえるように」

 

シュンスケを出迎えるメンバー達

同じ夢を共に追いかけてきた仲間・・・

シュンスケ:「絶対ね・・・悔しい思いもすると思うけど頑張って・・・

俺たちの分までアーティストになって・・・・

俺もこの合宿で経験したことは今後のアーティストっていうか、

自分で頑張っていきたいなって思ってるから・・・・

チームBになってよかったなって思うから、

最後は笑って送って欲しいから、ありがとうね。お互いに頑張ろう」

 

ナオキを迎えるメンバー達

ナオキ:「頑張ってください」

ショウタ:「絶対頑張る・・・・同じ部屋だったって誇りに思ってもらえるように」

ナオキ:「本当に最後まで残って欲しい・・・2人に」

ショウタ:「うん、頑張る」

ナオキ:「お疲れ、(ソウタ)1位おめでとう」

ソウタ:「・・・・(涙)・・・・」

テン:「お疲れさまです」

ナオキ:「ああ~(涙)・・」

テン:「本当にありがとうございました(涙)」

ナオキ:「あぁ~おい、やめてくれ」

レオ:「この5人でできてよかった」

ナオキ:「お俺も良かったよ」

 

タイキを迎えるメンバー達

タイキ:「お疲れ・・・がんばって」

リュウヘイ:「がんばるよ」

レイ:「タイキ・・・お疲れ様」

 

ショウタ:「タイキ・・・絶対一緒に音楽やろう・・・

唯一無二だから・・・音楽続けてな絶対」

「本当にこんな13歳どこにもいないよ?・・な?・・誇りに思って」

 

タイキ:「頑張ってね」

マナト:「タイキ・・・2次審査でお前と隣でよかったよ・・・

お前すごかったよ・・・誰よりもすごかったよ・・・・」

 

シュンスケ、ナオキ、タイキが集まって

シュンスケ:「(リュウヘイ)あの歌詞をずっとこれから先も刻んでいってね」

リュウヘイ:「・・・・・・(涙)・・・・・・・」

 

レイ:「またさあ・・・歌のレッスン・・・一緒に受けたかったよ・・・」

ナオキ:「俺もだよぉぉ~・・・・・」

 

シュンスケ:「ちょっと写真撮りたい」

レオ:「じゃあTHEFIRSTでいこう」

 

 

SKY-HIとナオキ、シュンスケ、タイキの別れ

ナオキ:「ありがとうございました」

SKY-HI:「ありがとうございました」

ナオキ:「この機会があって本当に良かったです。僕の人生において本当に大きなものになったと思います」

SKY-HI:「たくさんいろんなものを僕ももらいました」

シュンスケ:「いろいろな貴重な経験をさえていただいたので、今後の音楽人生に費やしたいと思います」

SKY-HI:「ありがとう楽しみにしています」

 

SKY-HI:「(タイキ)次に会える日を楽しみにしています」

タイキ:「はい、ありがとうございました」

 

SKY-HIからクリエイティブ審査通過12名への言葉

SKY-HI:「もし・・・彼らに対して・・・・・・」

~~泣き崩れるSKY-HI~~

 

~~涙が止まらないメンバー達~

 

SKY-HI:「絶対に・・・・・

世界中どこを探しても・・・

こんなグループいないなっていう・・・・

日本のトップだったり・・・

アジアの頂点だったり・・・・

世界への挑戦権だったり・・・・・

そういったものを本気で獲れる

ボーイズグループを作りたいと思います」

一同:「はいっ!!!」

 

SKY-HI:「別れてしまったあと・・・

彼らに対して君たちができることはただ1つで・・・

こんなすごいグループを輩出した・・・・

彼らが「ここまで残っていたんだ」って言わせてあげることしかないので・・・・

素晴らしいオーディションにしましょう、

素晴らしいボーイズグループを作りましょう!」

 

THE FIRSTオーディションネタバレhulu13話疑似プロ審査の予告!

hulu12話の次回予告ではこのような映像が流れました!

 

hulu13話の予告映像

SKY-HI:「残った12人に対して、疑似的にプロのアーティストとして活動してもらう疑似プロ審査を行います」

 

疑似プロ審査とは?

疑似的にプロになったと仮定して、ステージに立つような審査の様です。

予告動画からはテレビ番組のようなセットが作られていますので、本当に、出演者としてチームを組んで、衣装もばっちり決めてパフォーマンスをすると言うことでしょうか?

次回放送も気になります!!

 

まとめ

THE FIRSTオーディションネタバレhulu12話脱落者3名発表と涙の別れ!13話疑似プロ審査の予告を紹介しました。

本当に涙なくして見られない、同じ夢を追いかけた仲間同士の絆、そして別れの辛さがあふれていました。

しかし、何より感動的なのは、こんなにライバル同士で競った相手なのに、別れの時はあんなに涙を流して見送ることです。

普通のオーディションでこんなことってありますか?

そして、主催者であるSKY-HI自身が深夜まで悩み抜き、結果を下しました。

この別れの時に、主催者自身が泣き崩れることなんてありますか!?

私はまだ見たことがありません。

それだけ真剣にこのオーディションに取り組んでいると言うことですね!

こんなに音楽に真摯に向き合っているメンバーとSKY-HIを、私は応援せずにはいられません!

今後も大注目のTHEFIRSTオーディション!

来週も乞うご期待です!

タイトルとURLをコピーしました